漢方自然薬わかまつ

愛媛県松山市 漢方自然薬「わかまつ」~乳児湿疹、不妊治療のご相談

皮膚のお悩み

乳児湿疹

子宝相談

自然薬ダイエット

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

コウノドリ・心室中隔欠損

昨夜から再び始まったドラマ「コウノドリ」

昨夜の内容が「心室中隔欠損の赤ちゃん」でした



心臓の心室の壁に穴があいた状態

お腹にいる間はあいているけど誕生までには本来は塞がって産まれてくるのですが、


100人にひとりくらいの割合で、穴が塞がらないままに産まれてくる


 

お客様の中にまさに、この心室中隔欠損を抱えた赤ちゃんを育てている方が


リアルタイムでおられるので観ていていろんなことを考えてしまいました

 

この疾患は自然に穴が塞がっていくこともあるのですが、


そうでない場合は成長を待って手術をして、治せれるのですが、


それまでは親御さんは常に心配をしながら過ごされる日々が続きます。
 

以前に同じような疾患を持って産まれた赤ちゃんがいました

しかも心室中隔欠損だけでなく、心臓肥大など3つの症状も合併していました

その子はある薬局のお孫さんでした

その薬局さんはなんとかよくできないかと・・

私の店でも扱っているバイオリンク源液を生後1か月半から飲ませ始めました


そして3か月後、中隔欠損以外の合併症がおさまり、

4か月後には大きかった穴が小さくなっていたそうです


結果的にはその子はその後、手術をして完治に至るのですが


病状が落ち着いたので、手術をするにしても


リスクが低くなる年齢まで待って手術をすることが出来たのです


そしてその子は今は普通に元気な子として成長して学校にかよっています。


こんなエピソードもあるわけです
 

今は心配が尽きない毎日ですが、


その先の希望もしっかり見て育ててもらいたい・・・そんな心境で観ていました

 

2017-10-14 11:21:43

コメント(0)

コウノドリ

今夜からドラマで「コウノドリ」がまた始まりますね


産婦人科外来を舞台に様々な妊娠、出産にかかわるドラマが展開するこのドラマ




前回シリーズも観ていたのですが・・・印象に残っているシーンが・・


ある妊娠したOL(30代になったくらい)が、仕事で大きなチャンスをもらっている時であり


子供を産むことか、仕事の方を優先するかで悩んで


星野源が演じている無愛想な医師に複雑な心境を訴える


すると彼は無愛想にズバッといいます



この機会を逃して、仕事のために2年3年時間を経過させると


卵巣の中の卵子は確実に減っていき、


欲しいと思っても妊娠できる確率は確実に減っていきます


それでもあなたは仕事を優先したいのか・・・


恋ダンスを歌うにやけた姿はまったくなく冷たく


実に無表情でこの言葉を吐くのですが・・・


歳を重ねていくに連れて赤ちゃんを授かることのむずかしさを考えるとき


非情だけど核心をついた台詞でした




さて今日はうちの店にもコウノトリが飛んできてくれました



不妊の相談でこられていて、去年妊娠されて


2月に無事産まれた男の子



7か月目、お母さんと一緒にきてくれました


離乳食もはじめて順調に育っています


たくさんのコウノトリが飛びかう店にしなくてはね・・・・・







 

2017-10-13 17:14:57

コメント(0)

妊婦さんの会、母乳講座

連休明けの今日ですが



連休中の日曜日、わかまつでは妊婦さんの会をおこなっていました


参加者はご夫婦でこられた方もふくめて4名というこじんまりとしたものでしたが



クロレラ工業の母乳育児アドバイザーで一児の母でもある川村さんにきてもらい


妊婦の皆さんに出産までに知っておいてもらうといい母乳の話をしてもらいました




有名な助産師の先生たちについて勉強して


母親になる前からも母乳育児アドバイザーとして


うちでも何回か妊婦さんに話をしてもらったことはあったのですが


母親になっての実体験もまじえての話になるから


母になるまでより話は密度は濃い




母乳で育てる方がミルクよりも母子とものいいことはたくさんあるけど


母乳でないといけないと固執し過ぎると、かえってストレスを生んで


出るはずの母乳もでなくなることがあったりします



実は赤ちゃんがうまれて1週間くらいは母乳ってあまり出ないですよね



それでも赤ちゃんに根気よく吸わせているとだんだん出るようになります


が・・・でにくい時はノウハウをもった助産師さんに


母乳マッサージとかしてもらうこととも大事です



何事もマニュアル通りにはいかないので応用編も大事ですね


でも出産までベストコンディションになる体つくりをしてもらうことが


母乳もよくでる良い体調につながります


出産をベストな体で迎えてもらえるように


わかまつもサポートさせていただきます












 

2017-10-10 19:44:39

コメント(0)

よく噛んで食べることの大切さ

松山は秋まつりを迎えているのでうが、あいにくの雨です


秋といえば食欲の秋ですが・・・


「おかあさん やすめ」 

皆さん、このゴロあわせの食べ物知ってますか? 


答えは・・・

お・・オムレツ(ライス) 
か・・カレーライス 
あ・・あんパン(菓子パン) 
さん・サンドイッチ 
や・・やきそば 
す・・スパゲティ 
め・・目玉焼き 



子供も好きだし、大人でも好きな人が多い食べ物です。 
そして忙しいときに割合手軽に作れる、あるいは出来合いで売っているものです。

 この共通点は・・あまり噛まなくても流し込むように食べれるものということでもあります。
 

その他にもお寿司、丼もの、うどん・ラーメンなど麺類・・


家庭でもよく食べる食べ物なのですが・・ 


これらの食べ物が外食、家庭でもよく食べられるようになり、

明らかににいえるのは日本人はよく噛んで食べなくなったということです。

噛むということはとても大事です。 



人間の体は噛むことで胃腸が刺激を感じて10分くらいして消化酵素が働きだして

胃酸がでて胃の消化活動がはじまります。 



ところがこういう早くかき込める食べ物は、

へたすると胃酸の分泌がはじまる前にかなりの食べ物が胃にはいっていきます。 



そしてお腹自体の満腹感を感じるのはさらに遅れますから、早食いは食べすぎにもなります。 

この消化をしっかりさせるということは

食べたものの栄養素を使えるものにするためにとても大事なんです。 

食べたものの消化に時間がかかると胃はもたれますし、

胃の中に余分な水を作り出してしまいます。 


よく噛むよいうことは胃が消化活動をおこす時間を稼いでくれるばかりか・・

唾液がよくでるということにつながりますが、この唾液がいいんですね 



唾液自体、消化をたすける酵素をもっており、

噛むことで唾液がよくでるほど消化はよくなります。

 

とくにご飯をよく噛んでたべるといい便をつくり、便秘にもなりにくいですよ。

 

麺類などは消化のよさそうでうが、噛まないで流し込むばかりだと、


よく噛んでたべるご飯より消化には良くないのです。



不妊症の体質の方で多いのが脾虚といい、


胃腸の働きがあまりよくなく消化吸収が悪いために子宮に必要な血液や、


卵巣で卵を育てていくエネルギーが不足している方もよくおられます


毎日食べるものがしっかり消化吸収されていくこと


その積み重ねも体には大事


食欲の秋ですが、良く噛むこと大切に 

2017-10-06 17:01:29

コメント(0)

出産を間際にご来店

昨日の曇空にかわり、青空の広がる松山です


出産予定日を1週間後に控えたUさんがご来店



大きくなったお腹を写真に撮らせていただきました



1年9か月前、体外受精を4回するも結果が出ず



ほとほと困り果てて・・・といわれてご夫婦で来店されました



ご主人も奥さんも体調的に改善しないといけないところがあり


自覚もされている体調不良もいくつかありました



でも言い換えれば伸びしろがいっぱいあったということですね


来店から1年、自覚されていた体調不良も影をすっかり潜めるようになり


妊娠(体外受精)されました


流産歴もあったので妊娠しても気は抜けなかったですが・・・


流産予防の漢方も飲んでもらいつつ、安定期に入られたときは


私もほっとした気持ちでした


そしていよいよここまで来ました



出産をいよいよというところまで来たこの姿をみさせてもらうと



子宝相談をしてきて、よかったなという気持ちになります


この時はお客さんもとてもいい顔していますからね


Uさんにも日曜に高松で買ってきた安産お守りを・・・・




元気な赤ちゃんを産んでくださいね


 

2017-10-04 11:03:45

コメント(0)

体外受精の成功率をあげるためにも体つくり

すこし前のニュースでみたことですが・・・


日本産婦人科学会の発表によると


2015年に日本で行われた体外受精は42万4千件あまりだったとかで、


過去最高の件数になったとか


(2016年は・・まだ統計とれてないようですが、まだ伸びるとも・・・)



この年に産まれた赤ちゃんの20人に1人は体外受精ということだそうです



体外受精をして出産成功まで到達したのは全体の11,7%


100人中12人くらいしか成功せずなんですね



ちなみに出産に成功したのは30歳で21.5%、35歳で18.4%、


40歳で9.1%、42歳では4.5
%。


年齢とともに妊娠はできても流産してしまう確率もあがり


年齢とともに出産までのハードルも高くなるのも確かでした


体外授精は受精をしても受精卵が育たちきらなかったり


育った受精卵を移植しても着床がうまくできなかったり



着床しても育たず流産してしまったり


流産してしまう場合も原因の大半は染色体異常


染色体異常は卵子と精子の質次第にかかっています



なので・・・体外受精の成功率を高めるのは


バックボーンとして以下の3つのことが重要だといいます



1、質のいい卵子と精子を育てれるか


2、受精卵を質の良い杯に育てれるか


3、着床しやすい子宮環境に移植できるか



このうちの2番は受精卵の培養なので


病院の培養士の腕にかかっていますが・・・



1番と3番は、漢方自然薬による妊娠しやすい体つくりの本命にしているところです


エネルギー不足や冷え、血流が悪い体調だったら


1番と3番の条件を凄く悪くしています



その部分を改善していい条件に体をしてあげるのが私の店でしていることです



体外授精を考えらている方、実行中の方も


より良い条件にする体つくりを漢方と自然薬でしてみませんか




















 

2017-10-03 11:20:19

コメント(0)

髙松出張と安産の神社

昨日から今朝にかけて髙松に研修会で出張



先ほど帰り、店を開けたところです



出張ついでに高松の安産祈願の神社、田村神社に寄ってきました





大きな鳥居をくぐると・・・




赤い鳥居のトンネルをとおって境内へ


七福神をまつっている神社なんですね


こちらが本殿





安産祈願ぽいご夫婦もきていました


私のお客さんも近く出産を控えている方はじめ



妊娠後期を迎えている方たち何人もいるので



その方たちに渡す安産のお守りを買わしてもらいました


皆さん、なかなか赤ちゃんができず悩んでうちに来られた方たちで


妊娠してからもいろんな思いを抱え、やっとここまで来た方たち



皆さん安産祈願はされているだろうけど



皆さん安産祈願はされているだろうけど


守ってくれる神様は大いにこしたことないですからね













 

2017-10-02 11:11:07

コメント(0)

気がかりな10週目

お客様の妊娠の報告を聞くと嬉しいのですが・・・・


そこから気がかりな日もはじまります


無事安定期に入るまでは、この仕事をしていると手ばなしには喜べず


まずは無事にそこまで到達してくれよと・・・祈る気持ちにもなります



もちろん流産のリスクを減らす手立ては心配な人にはうつのですが、


絶対とはいえないですからね


お客様のY,さん、先日念願の妊娠反応がでて、それが5週目のことでした


次は7週目か、8週目にくる心拍確認


流産する人の多くはここで心拍が確認できないので、ここで確認されるかどうかが


そこで確認の報告をきくと、少しほっとするのですが・・・



ここで報告がないままに日が過ぎていくと、もしかしたらと気になります


かといって、こちらからメールや電話で聞くのはデリケートな問題なので聞きづらいものです


Yさんもその後の知らせがないので、


気がかりな毎日、


そろそろ聞いてみような、思いつつも聞けない毎日でしたが・・・


10週目にはいり、やはり気がかりで、LINEしてみると


つわりがひどいけど、順調、母子手帳もやっともらえそうですという返事がかえってきました


よかった  よかった


無事安定期にはいってもらうまでは、


店にこられるとき、電話もらうとき、メールをもらうとき、すべてが順調ですという言葉を聞くまで


緊張感が走ります



子宝相談をしている他の先生たちも同じ気持ちでしょうね


 

2017-09-26 22:54:43

コメント(0)

高知県から

先週末、子宝相談で高知県からはるばるご夫婦が来てくれました


おかげ様でここ最近は遠方からのお客様もちょくちょく来ていただいています。


SNSやメール、電話のやりとりで遠方のお客様とやりとりもさせてもらって


ご相談にものっていますが。


遠路を直接来ていただけると、やはり嬉しいものです



お越しいただいた方は、多嚢胞性卵巣症候群気味だと医師からもいわれて


生理も不順という状況



多嚢胞性卵巣症候群は卵巣の卵胞が一定のところより育たず


同じくらいの大きさのものがつらなったような状態になってたりして



排卵がうまくできない今、若い方の不妊で多いものです



普段の食生活のバランスが悪いことがはじまりの原因に関わっていて



漢方も大事だけど、毎日に食べ方も、見直してもらいたい人が多いです



やはり、体は毎日たべているもので作られていきますからね



 

2017-09-25 12:51:35

コメント(0)

台風一過と子育てママ会延期

台風も通り過ぎ、松山は台風一過の言葉どおりの晴天の空がひろがっています。

 

昨夜は松山と松前の間を流れる重信川が氾濫危険水位までいっていて、


松前町には避難勧告が出ていて、今日こられたお客さん昨夜は避難したのだとか・・・


さいわいにも大事に至らなく台風も過ぎ去り、よかった



 

昨日は助産師の田中恵美子さんを呼んでの「子育てママの会」を開催することになっていたのですが、

 

台風のかさなってしまい、今回は中止に・・・


 

日程を調整の上、あらためて開催をいたします。


 

それにしても昨夜が嘘のような太陽もギラギラの青空です

2017-09-18 14:23:09

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5