漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

腸活脂肪燃焼ダイエット

店舗案内

HOME»  乳児湿疹

皮膚のお悩み

 

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

私と乳幼児の湿疹、こどものアトピーとの関わり

 私が松山に漢方自然薬の相談専門店を開業したのは、荒川静香さんがトリノ五輪で金メダルを獲った2006年のことでした。
アトピーの相談を当初よりメインに置いてましたが、3年目くらいからとくに乳幼児の皮膚炎、アトピーの相談が7割くらいをしめるようになりました。

とくにSNSで当時はブームになっていたミクシィで乳幼児のアトピー相談の窓口をつくったところ、全国から相談をうけるようになり、何百人のお母さんから相談をうけて、
実際の治療、メールでのアドバイスなどをおこない、本当に多くのいろんな症状のお子さんを診させてもらいました。

相談される方のほとんどが小さい子供にむやみにステロイドを使いたくないという思いで相談されてきた方でした

単なる乳児湿疹で食事療法をお母さんが頑張れば、簡単に治った子もいれば
アレルギーがあるために除去食のアドバイスが必要だったお子さん
マルチなアレルギーをもっていたために数年かけて治していったお子さん
良くしたいと思い、お母さんが塗った薬でかえって被れてこじれていたお子さん
ステロイドを使い続けてかえって副作用でこじれてしまったお子さん
皮膚が弱いために感染症の皮膚で悪化したお子さん
脱ステロイドに踏みきり、壮絶なリバウンドと戦ったお子さん

本当に様々なお子さんを診させてもらいました

良くなっていくには時間も必要として、そんな我が子と向きあうご両親
とくにお母さんのモチベーションをいかにもたせていくか
そう思ってずっとサポートしてきた気がします
そのためにSNSで半年間くらい毎日やりとりをした親御さんも少なくありません

私の方針はステロイドを悪いとはいいませんが、
10ある道具のひとつとして、使うべき時には使ってもいいが
メインで使う事はしないというもので、
小さな子はまだ皮膚が発育している段階なので、それをさまたげず
機能していない皮膚をたすけるスキンケアを指導しながら、
体に内側からも皮膚炎やアレルギーをおこしにくい体つくりをしていくことをめざしていきます。

 

 

乳幼児の湿疹とアトピー、当店の治療の考え

 

赤ちゃんや小さなお子さんの湿疹・皮膚炎
ステージを3段階にわけてみます。

 

(第1ステージ)湿疹が出ているがまだこれといって何もしていない。

(第2ステージ)乳児湿疹が出て、薬・保湿剤を塗りだしている。
 (非ステロイドの場合、ステロイドの場合)


(第3ステージ)薬を塗っても治らない、逆に悪化している 。
 (ステロイドの場合、かなり連用している

 
第1ステージ、湿疹が出だしたはじまりもしくは何も皮膚に薬・保湿剤をつかっていないは・・・ 

1、脂漏性湿疹のようなカロリーオーバーで吹き出てきたようなもの 
2、アレルギーがあってお母さんの食べたものの何かが原因で母乳を介しておこしているか、ミルクをあげている人は乳製品アレルギーで皮膚炎がでている 

生後すぐに出てくるものは1が大半で痒がらない、 
2~3ヶ月以降にでてきだすものは1と2両者か2の可能性 

いずれにしても食べ物、口のするものからの原因がほとんどと考えて、それを改善していく治療を基本においてほしい 

皮膚の側からする治療は体の中から原因を起こす食べ物の問題が落ち着けば症状は落ち着くと考えて使い続けるとリスクの高い薬・保湿剤にはなるべくたよらないようにしてほしい。 
スキンケアは雑菌が繁殖しないように皮膚を弱酸性をたもつ化粧水や回復力をつけるミネラル配合の化粧水を中心におこない、状況に応じては乾燥を防ぐローションなど使う 

第2ステージは湿疹・皮膚炎が出だしてあれこれ薬を塗り続けているがかえってこじれだしている(ただしまだステロイドは塗っていないかステロイドを塗ってもそれほど使用していない) 

1、塗っている薬や保湿剤がかえって接触性皮膚炎をおこしている 
2、体の内側からのことを考えて食生活上からの改善をおこなってない方は、それをおこなわないので薬でおさえたり、保湿しても皮膚炎はでてくる・・その上に薬のかぶれもおこしている可能性がある。 

こうなってくると医師はステロイドをとにかく処方しますし、お母さんも使いたくないけど使うざるをえない状況においこまれます 

ステロイドは皮膚の状態が掻き壊すなど酷い状態であればいったんそれを綺麗にして落ち着かすという意味で1週間くらいの短期に限定して使い、使用を止めるなら使ってもいい。 
そしてあとはできるだけリスクの低い薬やスキンケア法と食事療法で対応していく 


 

第3ステージは皮膚炎が保湿剤やステロイドをつかっても治まらないので連用をして顔だと2周以上、体も1カ月以上続けて使っているがよくならない 
ステロイドをやめると少なからずリバウンドがおこる可能性をもっている段階になります 

ステロイドを使い続けながらもよくならないで、それでも延々とステロイドを使っている 
あるいはステロイドの使用に疑問をもち、脱ステしようか、悩む 

症状も複雑になっています。ステロイドを使い続けると皮膚の様々な化膿菌やウィルスにたいしての抵抗力がおちて、2次的な感染による皮膚炎もでてくるようになっている場合もあります。 

皮膚炎をおこす原因ははじめは 
1、食べ物の影響 
2、乾燥、紫外線、ハウスダストなど環境 
だけだったのが 

3保湿剤などによるかぶれ 
4雑菌による2次的な悪化 
5使い続けた期間と量によればステロイドの副作用 


5つ全部を考えなくてはならなくなっている 

脱ステは減ステというのは5番の影響をリセットするためにおこなう 
またステロイドの継続使用が3と4をさらにおこしやすくしているので、その影響を軽減していくことにはなりますが、脱ステをしたから治るという風には考えないでください。 
出来る限りは脱ステをしないといけないような状況になる前の段階で治していきたいところです。


 

 

 

TOPICS

赤ちゃんの皮膚は大人と皮膚と様々なところで違います。
赤ちゃんの皮膚とはどんな特徴があるのか・・

 

赤ちゃんの皮膚炎には食物アレルギーがおおくの場合関係してます。
アレルギーは何故おこるのか、また対処の仕方は・

 

>> 赤ちゃんによくおこる皮膚炎

赤ちゃんにおこる様々な皮膚炎についてまとめてみました。
皮膚も体の中もまだ未形成なので様々な事が原因で皮膚炎をおこします。

 

赤ちゃんの体をつくっていくのは母乳です。
乳児湿疹はその母乳の影響は大です。
健康に赤ちゃんを育てていくための母乳のお話です。