漢方自然薬わかまつ

愛媛県松山市 漢方自然薬「わかまつ」~乳児湿疹、不妊治療のご相談

皮膚のお悩み

乳児湿疹

子宝相談

自然薬ダイエット

店舗案内

HOME»  食物アレルギーによる皮膚炎

食物アレルギーによる皮膚炎

人間の体には外から入っている異物から体を守ろうとする免疫機構があります。その免疫が本来は敵でもない食べたものに混じっているタンパク質や皮膚から入り込んだほこりやダニなどを敵と勘違いして攻撃をして、そのときに皮膚に炎症をおこしてしまうのがアレルギー性皮膚炎。アトピーはこのアレルギーが大きな原因になっています。

アトピーを引き起こす原因となる食材は卵(鶏肉)乳製品(牛肉)が筆頭ですが、大豆、小麦、場合によってはお米なども絡んでくる場合があります。
そしてそれらが含んでいるタンパクに体が反応するのです。

ただしタンパク質は完全に消化されたものならアレルギーはおこしにくい、たとえ消化しきれなかったタンパクも、そのタンパクが吸収される腸の壁がキメが細かいために消化しきれてないタンパクは通さないので体の中に入ることがなくアレルギーの原因の侵入を防ぐことができます。赤ちゃんは胃や腸が未発達であり、食べたものの消化することも腸で未消化のタンパクを通さないようにすることもまだ出来ないのです。

そしてもともと特定のタンパクに対して過敏な免疫をもっている子はタンパクを免疫が攻撃してアレルギー性皮膚炎を起こしてしまいます。

 

アレルゲンを記憶してしまう

免疫には記憶する能力があります、例えば予防注射というのは先に特定の弱いウィルスを体に注射しておいて、そのウィルスに対して免疫に記憶させて、今度同じウィルスが体に入ってきたら、即座に攻撃してそのウィルスによる感染症を引き起こさないようにさせるものです。
このように一度であった敵を体の免疫は記憶するのです、これを抗体というのですが、麻疹(はしか)や風疹などは一度かかると抗体が出来るのでほとんど再度かかることがなくなります。

こういうふうに病原菌やウィルスに対して抗体ができてくれるのは体にとってありがたいことですが、アレルギーは卵、乳製品などそれぞれのタンパクに対して抗体ができてしまい、免疫が敵であると記憶してしまった状態なのです。
だからそのタンパクが身体に入ってくるたびに攻撃を仕掛けることになり、その食材を食べている限り、記憶された抗体が反応して症状が出続けます。

 

アレルゲンを記憶してしまう