漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

腸活脂肪燃焼ダイエット

店舗案内

HOME»  妊活相談Q&A

子宝相談

妊活相談Q&A (来店前にお客様からよくある質問)

 Q,どんな方たちが相談にこられていますか?

A,不妊で一番多いのはすでに病院で長く不妊治療をされていて結果がなかなか出ず、行き詰っているという方です。
妊活相談に来られる方の6割くらいがこのグループです。
次に多いのが不妊治療歴は浅いけど、現在不妊外来に通院しながら、積極的に出来る事はなんでもやってみたいと相談に来られる方で、3割くらいがこのグループです
あと1割が、まだ病院にいってないけど、なかなか妊娠しにくいので相談にこられたという方です。

また不妊の相談ではないですが、前回の出産で妊娠中の体調が悪くしんどい思いをしたので、体調良く妊娠期間をすごして出産に臨みたいと妊娠中の体調相談でこられる方もいます




Q,病院の治療との違いは?

A,病院は妊娠させるために医療的にテコ入れする治療、
当店は体調を整えて、妊娠しやすい体調にすることをめざす治療です。

病院が得意とするところは・・・
★検査で卵管が詰まってないかなど器質的な不妊原因を調べる事
★器質的問題があればそれを治療する
★排卵誘発剤で卵胞をより育てたり、薬により妊娠に必要なホルモンを補強する
人工授精、体外受精など妊娠の確率をあげる医療施術をおこなう

当店が得意とすること
★卵子、精子の質をたかめること
★着床しやすい子宮環境にすること
★妊娠に適した体力をつけてあげること

これはどちらがいい悪いでなく、双方のよいところ取りすることが妊娠率をあげることになるのは間違いありません。
不妊治療は身体がしんどいと多く経験者の方がいいます。治療が長くなるほど体力を消耗している人もいます。そのような体調ではせっかく高度な生殖医療を受けても、体がついてこれず結果が出ないという事もあります。
不妊治療の成果を出すためにも、体力、体の環境をよくしておくことは大事です。
逆に体調、体力とも充実していても例えば卵管が詰まっているというような器質的な問題があると、妊娠できません。そこは病院の治療も必要です。




Q,病院の治療と併用してできますか?

A,併用できます。病院でおこなう治療を妨げるようなことはまず、ありません。
現在どういう治療をされているかを聞きながら、処方も出して行きますので、むしろ、その時点でされる治療を頑張ることになる体にエネルギーを与え、フォローするような処方をお勧めしていきます


 
Q,毎月の費用はどれくらいかかりますか

A,費用の問題は、その方その方の状態で違ってきます。改善すべきところが多い方は使う処方も多くなり、金額もあがります。
たとえば、改善したいところすべての処方を飲むとなると、1カ月4万円くらいかかるとします。しかしお客様の予算がどうしても1万5千円くらいしか費やせないとしたら・・・・それならば一番優先して改善しておきたいところだけにしぼり、出来る範囲の中だけでも、よくしていくことを考えていただくのでいいのです。
お客様の希望される予算枠の中で最善のことを考えさせていただきます。
参考までに平均すると、相談にこられるお客様の1カ月費やされる予算は3~4万円くらいの方が多いです。



Q,相談は夫婦そろって行った方がいいのですか?

A,初回はできる限り、夫婦で来てください。
不妊治療は女性がメインで、男性は検査で精子運動率や数が問題ないなら関係ないと思われがちですが、隠れ男性不妊も多く、不妊原因は男女5分5分です。
女性の方が治療を頑張り、これ以上にベストな体調にどうしたらできるというレベルまでいっているのに結果が出ないという方もいます。
治療のメインが奥さんの方になるにしても、奥さんがどういう状態なのかを理解して応援していただくためにも、ご主人にもいっしょにお話しを聞いていただきたいのです。
 

 

TOPICS