漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

腸活脂肪燃焼ダイエット

店舗案内

HOME»  妊娠力をあげるための体の整備

子宝相談

妊娠力をあげるために体の整備

3つのポイント

 妊娠しにくい体から、妊娠しやすい体になってもらうためには、大事な整備すべきポイントが3つあります。

1、卵子、精子の質
2、体の中の循環
3、体の中の情報網(ネットワーク)
 
特殊な原因は別にして、妊娠しにくくなっているのはこの3つの何かがうまくいってないので

当店の妊活相談は、ご相談をいただく方にとり、この3つのうちどれを整備していくことが必要なのかをカウンセリングで見極めさせていただき、漢方や自然薬で必要な整備をしていきます。

以下それぞれのポイントについて書いていきます。

 

卵子、精子の質の整備

  卵子と精子は、妊活においての主人公ですから、主人公の質をよくすることは必須です。
とくに30代になると卵子は次第に質が悪くなっていきます。

ではよい質のよい卵子と精子の条件は

卵子

1、卵子自体が元気でエネルギーに満ちたものであるか。

2、卵子の外膜である顆粒膜が分厚くしっかり機能しているか


エネルギー不足の卵子では、受精する力も弱くなるし、受精しても分裂成長していく力がありません。卵子の中のエネルギーを作りだしているのはミトコンドリアです
卵子の中には約1000個のミトコンドリアがありますが、その多くが実際に稼働せず休眠していると
卵子が元気で生命力のある卵子なのかは、このミトコンドリアの稼働率にかかってきます


卵子はその周囲を顆粒膜というもので覆っています。その顆粒膜が栄養をとりこんだり、ホルモンの情報をキャッチしています。
また、精子との受精は1対1でないといけません。本来は卵子は精子が1つ入りこむと顆粒膜が2つ目の精子を侵入させないように固く閉ざしてしまいます。
ところがその顆粒膜が弱いと2つめ、3つめの精子も入りこませてしまいます。複数の精子との受精は異常受精になり、ダメになってしまいます。
卵胞の育ちをよくするため、複数の精子を入りこませないようにするため、この2つの役目を果たすため顆粒膜をしっかり機能させなくてはなりません。


よい卵子にするためには
卵子のミトコンドリアの稼働率をあげてエネルギーに満ちたものにすること
顆粒膜がしっかりさせていくこと。
この2点なんです。


精子

1、運動力がある

2、精子そのものが損傷してない




精子は卵子に出会うためには、人間が旅するなら8000キロ相当の距離を、しかも上りで泳いでいかないといけません。その運動能力の源になるのがミトコンドリアで作られるエネルギーです。
ミトコンドリアの稼働が悪いと運動率も悪くなり、受精能力も落ちてしまいます


卵子のもとにたどりついても、正しい受精するためには、精子そのものが損傷していてはいけません。大事なのは先体とDNA。
精子の頭部にある先体という部分が卵子の外膜である顆粒膜と融和して受精となります。
先体が痛んでいると卵子との融和ができず、受精ができません。
受精できたとしても、精子のDNAが損傷していると、受精卵に染色体異常がおこり、それ以上の成長ができなかったり、妊娠しても流産してしまいます。
精子に様々な損傷を引き起こすのは体内で発生する過剰な活性酸素です。
先体もDNAも、損傷をうけるのは活性酸素からうける酸化ダメージです


よい精子にするには・・
卵子同等にミトコンドリアの稼働率をあげてあげること。
もうひとつは体内で発生する活性酸素を減らし、精子を敵を少なくすること
この2点なんです



 

体の中の循環整備

卵巣、子宮、卵管など、冷えがあったり、血液の質がドロドロぽくて血行が悪いと卵巣・子宮に栄養と酸素が届きにくくなり、卵胞の育ちも悪くなったり子宮内膜も着床にむかない状態になってしまっているかもしれません。
その循環状態を改善することを目指します。
過去、相談にこられた9割以上の方がこの循環が悪くなっている方でした
 
特に多いのが・・漢方でいうところの「お血(おけつ)」
血液がドロドロ状態になると、血液の流れに停滞がおきたり、子宮の中で逆流がおきて卵管や卵巣周辺に逆流して、こべりつきカサブタ化してしまうと卵管が狭くなったりして精子の通行を妨げたり、卵巣が硬くなってしまったりして排卵を邪魔したりします。
このお血の改善は漢方の得意分野です
 

 

 

体の中の情報網(ネットワーク)の整備


 妊娠という目的達成のために、私たちの体の中では様々な情報・指令のやり取りがされています。そのツールが「ホルモン」です
例えば卵胞が大きくなっていくのも、脳から卵胞刺激ホルモン(FSH)というホルモンが出て卵巣に「卵胞を成長させろ」という指令をおくり、その指令を卵巣がキャッチするからです。
子宮内膜がつくられるのも、排卵されるのも、すべてホルモンの指令があるからです。
また受精卵が子宮内膜に着床する時も、受精卵が内膜にむかい、これからそちらに行くという情報をおくり、それを内膜がキャッチして、着床の受け入れ態勢をするといいます。しかしこの情報や指令がうまく伝わらなかったら、当然うまくいかないですよね。この情報が伝わりやすくしていくお手伝いを漢方や自然薬でします。


この情報網が伝わりにくくなるのは何故?
情報のツールであるホルモンのバランスが悪くなると、伝えるべき情報が伝わらず、伝えなくていい情報が伝わってしまいます。
病院の治療でも情報ツールのホルモンをたくさん出させる薬やホルモンを充てんする治療をしますが、そのホルモンが出過ぎたら出過ぎてたで身体はしんどくなるので、漢方はその行き過ぎのバランスを取るのにもお役にたちます
 


 

 

妊娠後、出産めざしての体力つくり.

 妊活されている皆さんに、無事妊娠すること、そして無事出産することは目標ですが、
あえて言えば、妊娠も出産も通過点です。
さらには本当に大変なのは赤ちゃんを産んでからの産後育児です。

妊娠して約10ヵ月の間、お腹の中で赤ちゃんをはぐくんで、そして出産。出産は女性が生涯の中でもっとも体力とエネルギーを要することです。
その日は出来るだけベストコンディションで迎えてほしい
五輪に出るアスリートが五輪本番にコンディションのピークになるように調整するように・・・

この図を見てください。




このプールの水は体のエネルギー、栄養を表していると思ってください
健康で元気な人はプールの水は80%以上あります。
しかしエネルギー、その人にとり必要な栄養が不足して体力が落ちて50%くらいの水位しかないと
なにか体がだるいとか疲れやすいとかしっくりきません。
さらに水位がおちて20%くらいになるとはっきりとした不調がでて、病院にいくレベルになります
その下の1~2%水位ははっきりとした病名がつくところもでいく病気です

出産はエネルギーと栄養を消耗しますので、80%くらいのエネルギーと栄養の水位がある方でも
体力を使い、20%から30%は水位を下げてしまうと考えてください
つまりよほどベストなコンディションでないと元気な人でも半健康レベルに落ちてしまい
半健康レベルな方は不健康レベルまで落ちてしまう
不健康レベルな方は病気レベルまで落ちてます
そしてそのひとつ落ちた状態で産後育児が始めります

水位が落ちた状態で育児で思ったようにいかない育児ストレスが加わることで「産後うつ」にもなってしまうことが多いんです。

妊娠しやすい体作りの治療は、このエネルギーと栄養のプールの水の水位をあげていく治療でもあります。妊娠するためにもエネルギーと栄養のプールはいっぱいの水位になってもらうことが大事ですが、妊娠してからも、この水位を落さないで出産をめざしてもらう。
そして産後も出来るだけ早く、出産で消耗した水位を回復させる・・・このことが大事と考えています


いま、2人目不妊で悩む方が非常に多く、私の店に相談に来られる方も4割くらいが2人目不妊です。
一人目は出来たのに何故出来ないのか・・・・
1人目のご出産と体力をかなり使い、消耗しているところに産んでからの育児でさらに体力を水面下で消耗させてしまい、気がつかないうちに次の子を宿す妊娠力が落ちてしまっているという方が多いのだと思います。