漢方自然薬わかまつ

愛媛県松山市 漢方自然薬「わかまつ」~乳児湿疹、不妊治療のご相談

皮膚のお悩み

乳児湿疹

子宝相談

自然薬ダイエット

店舗案内

HOME»  心のケア(不妊ストレス)

子宝相談

不妊ストレス・心のケアも

子どもを願うのになかなか授からない不妊は様々なストレスをうみます。
こういう悩みやジネンマをかかえていませんか?

★同世代の友達、同僚や親戚に子どもができるのに自分にはできない

同世代の友達の集まりでみんなが子どもの話になると入っていけない
心の中ではそんな話はやめてと思いながら自分を押し殺している
子どもができたという友達や親戚にお祝いの言葉をいいながら、心は複雑

★治療自体がストレスになっている

高度治療ともなると高額になります。金銭的なストレスも感じながら、治療でうまくいかなったらそのたびに落ち込み、それをリセットしてはの繰り返し。

★夫婦のすれちがい

治療に対して夫婦の間で温度差がある
タイミングにこだわるばかりに夫婦でSEXでもすれ違いがおきたり、プレッシャーをご主人がうける
自分のせい、パートナーのせいと互いに傷つけてしまう

ストレスは自律神経の交感神経を優位にして、あまりにもその状態が続くと血液の循環を悪くすることになり、女性の場合は子宮内の血行も悪くしますし、妊娠の妨げをするプロラクチンホルモンが出やすいようになったりします。

ストレスは体内に活性酸素を多く生む出すこともわかっており、この活性酸素が女性の場合は卵子の発育を障害したり、男性の場合は精子に影響を与え、運動率を悪くしてしまったり、このように水面下で様々悪影響をおよぼすリスクが高くなります。

わかまつで勧めています体作りの不妊治療は、この心つくりも大切と考えております。
治療を続ける中でこういう思いは少なからず持たれることと思います。
不妊で悩んで、その思いを誰かに言いたくても周囲には子どもがいる人ばかりで、そういう人には言い出せない。
それで思いをぶつける相手はご主人など身内になってしまい、かえって傷つけあってしまう。そこからまたストレスが生まれる。

そんなとき、そんな愚痴はわかまつで吐き出してください。
吐き出すだけ吐き出して、夫婦の間ではいたわりあう、前向きな会話が出来るようにしてください。

わかまつの妊娠しやすい体作りの治療で体も心も健康にしていただけたらと思っています。