漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  妊娠へのプロセスと、各プロセスで起きる不妊要因

子宝相談

妊娠へのプロセスと、各プロセスで起きる不妊要因

  妊娠までの女性の体の中でおこなわれるプロセスは大きくわけると5つのプロセスがあります。
このプロセスの中で何かの問題がおきているから妊娠が難しいわけでして、
ではどんな問題があるのでしょうか?

皆さんの中には、私はこれだった、これを医師から言われているというものあるかと思います。


プロセス1 卵巣の中で「卵子の成熟」  

卵子は卵胞という袋に入っていて卵巣の中で待機しています。
腦の脳下垂体という場所から卵巣を刺激して卵子を成長させるホルモン「FSH」が分泌されて、その刺激をうけた卵胞が成長をしていき、成熟卵になり、排卵を待ちます
排卵は1個しかしませんから、排卵される卵胞以外は成長せず閉鎖卵胞といい、消滅していきます

この時期、並行して子宮の中では、卵巣から分泌されるホルモン「エストロゲン」の刺激を受けて
子宮内膜がつくられていきます。


プロセス1でおきる不妊要因

卵子の成長が悪い、
成長しているようでも卵子で質が悪い

それをおこしてしまうのは・・・
★エネルギー不足、冷え、代謝が悪い
★年齢的なものによる卵子の老化

★多嚢胞性卵胞症候群・・・卵胞が未成熟なまま育たない
★早期閉経体質・・・卵胞の感受性が悪くなり、卵胞が育たない




プロセス2 排卵

脳下垂体から排卵を命令する「LH」というホルモンが卵巣にむかって分泌され、、
それを受けて最もいい状態の成熟卵が卵巣の膜を破って排卵されます


プロセス2でおきる不妊要因

排卵がうまくいかない

★高プロラクチン血症・・プロラクチンというホルモンが高いと排卵を阻害する
★未破裂卵胞(卵胞は育っているけど卵巣に残ったまま排卵してない)
★ドロドロ血で卵巣の膜が硬くなり卵子が割って出てきにくい



プロセス3  卵子と精子の移動

排卵された卵子は卵管采という卵管の入り口から卵管に入り、入口そばの卵管膨大部で精子が来るのを待ちます。
一方、性交により膣に射精された精子は、「膣→子宮頸管→子宮→卵管」という道筋を通って卵子の待つ卵管膨大部まで泳いでいきます。


プロセス3でおきる不妊要因

それぞれの移動過程で問題があって、卵管膨大部まで精子と卵子がこれないと両者は出会えません。

女性側の問題

★ピックアップ障害 (排卵された卵子が卵管に入れてない)
★クラミジア感染・・・子宮頸管に菌がいることで炎症がおこり、子宮頸管が狭くなったり、子宮頸管が常に酸性になって酸に弱い精子がダメージを受けてしまう
★女性の体に精子抗体がある・・・これがあると子宮頸管をとおるときに精子の大半はダメージを受けてダメになる
★卵管が狭くなったり、精子が通行しずらくなったり、癒着をおこして卵管を閉塞してしまい、精子が通れない、



精子側の問題

★精子の運動力が弱い、
★精子はその時に排卵している側の卵管を選ばないといけないが選ぶ卵管の左右を間違えている
★精子の射精経路閉塞があり、射精できない




プロセス4 受精


卵子と精子は卵管膨大部で出会い、受精します


プロセス4でおきる不妊要因

精子、卵子の質がここでも関わってきます

★精子が卵子の膜を破り、卵子の中に入れない (精子の先体部分に異常)
★複数の精子が卵子の中に入ってしまい異常受精になる (卵子の膜が弱い)
★受精しても精子・卵子の質が悪いと正常に育たず分割がすすまない



プロセス5 着床

卵子と精子は受精できたら受精卵になり、子宮内に戻ります。
ここまでの間、子宮も血液を集めて子宮内膜という受精卵が着床できる場所を用意していて、そこに着床します。


プロセス5でおきる不妊要因

★着床するための子宮内膜が薄い、硬い、炎症があると着床しずらく、出来ても安定しない
(子宮の血行不良)
(子宮内膜をあつくするエストロゲンホルモンが弱い)
(子宮内膜を維持する黄体ホルモンが弱い)

★受精卵の着床を受け入れる子宮のアンテナの感受性が悪くて受精卵を空振りしてしまう
★別の場所に着床してしまう「子宮外妊娠」


仮に着床できて妊娠しても卵子、精子の質が悪いと染色体異常をおこして流産してしまうことも・・
不育症・・・受精卵を異物とみなしてしまう自己免疫疾患