漢方自然薬わかまつ

愛媛県松山市 漢方自然薬「わかまつ」~乳児湿疹、不妊治療のご相談

皮膚のお悩み

乳児湿疹

子宝相談

自然薬ダイエット

店舗案内

HOME»  主婦湿疹と軟膏類、クリーム類の注意

主婦湿疹と軟膏類、クリーム類の注意

手あれから主婦湿疹へと進んでいく中で塗り薬、ハンドクリームや軟膏類による治療は多くの人がされますが、それぞれの治療薬やクリームも使い方を誤ると症状を悪くさせることがあるので注意です。

 

尿素入りクリーム

現在多くのクリームで尿素が使われているものがあります。
尿素は余分な角質を取り除く効果があるので古い角質を破壊して落とすことで皮膚がツルツルになり、使用感もよく人気の高いクリームです。

手荒れにも良くすすめられると思いますし、足のかかとのガザガザにも有効です。

ただ気をつけていただきたいのは普通の手荒れに一時的に使うのは確かにツルツルになりますが、手荒れがかなり酷い方が継続して使うと、 角質をいわば削ってツルツルにしていくのですから、酷い手荒れの人はそれ以前に角質が薄くなっていますので、余計に薄くしてしまいます。

そうなるとさらに外からの防御力が落ちてしまいます。
このクリームを有効に使うのだとすれば、手荒れも軽い段階の方が、とりあえずガタガタになった古い角質をこのクリームでとり、ツルツルにして1日か2日は手を休めるか、手を荒らすものから完全防御していくように注意してほしいところです。

尿素クリームは10%と20%というものが市販されていて、 使う場合10%は手、20%は足の踵や裏という風に使い分けるのがいいです。

%が高いほど角質を削る働きは強いので20%は角質の分厚い踵や足の裏ならともかく、手に継続使用するのは強すぎといえます。

 

ステロイド軟膏

主婦湿疹をこじらせてしまう要因になるのがステロイド軟膏の誤った継続的多用です。

病院に行くとたいがいの医師はまずはその症状を治めなくてはとステロイド軟膏を処方されます。

ここまでは決して間違ってはいません。
確かに症状がとことん辛い状況なら一度それをも治めて楽な状態にすることは悪いことではありません。
一度ステロイドで炎症を抑えてキレイになった・・・ここからどう次のステップに進むかが問題。

これは市販のステロイドのはいった軟膏類を使った場合でも同じです。

ステロイドで症状を一旦抑えたら、次にすることは手荒れの原因からいかに守るかです。

結局は触れるものに負けて手荒れはおこるのだから、その原因となるものを断たない限り、また手は荒れます。
そして再びステロイドを使うことに、そして効きますから、これはいいお薬だと思う人、ステロイドは嫌と思いつつも依存してしまう人・・・手が荒れたらステロイドを塗るのを繰り返すことになっていきます。

ステロイドは使うごとに皮膚のタンパク形成を壊し、皮膚のバリアを弱くしていきますから、ある段階から手荒れを逆にこじらせてしまうこともあります。

 

非ステロイド軟膏

非ステロイド軟膏も基材によっては、皮膚が弱くなり、かぶれやすくなるものがあります。

とくに「ブフェキサマク」という成分を主とするクリーム・軟膏はその傾向があり、継続使用すると皮膚が弱くなるので要注意です。