漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

男性不妊・精子の質は3か月で改善が期待できる

昨日、妊活で通ってくれているHさんがこられたのですが

先日人工授精をしたのだけど、
旦那さんの精子の状態が非常によくなっていると医師に言われたそうです

実は去年9月に精子の状態を調べるフーナーテストという検査をしたのだけど
散々な結果で、あらためて精子検査をしたところ、
精子の数が少ないし、奇形率も高いという結果

それまで奥さんが自分に原因があると思い、
漢方相談にこられて、漢方とサプリを飲まれてきたのですが、
(奥さんも問題点はいくつかあり、奥さんも漢方を飲むことは必要だったですが)

ご主人がそこまで悪いとは奥さんも考えなかったようです
病院の治療も人工授精へステップアップされるのですが、
精子の状態も出来るだけよくしたいと
ご主人も自然薬を飲んでもらうようになりました




実は近年、男性不妊についての研究が進んでおり
最新のデータでは不妊の原因は女性因子が45%、男性因子が55%と
男女の不妊原因の構成比が逆転しているという事も言われています。
不妊で悩むカップルはこれまで女性がほとんど治療のメインにいましたが
男性も同等に取り組む必要があるといっていいようです


日本人男性の精子の数は昔と比べかなり減っているというデーターも出ているようです
その原因としては、生活環境やさまざまな生活習慣によって
精巣の働きが低下しているのではないかと考えられています。

具体的にはストレス、環境ホルモン(タバコ)、肥満、食事の質の低下、精巣温度の上昇など

精子をつくる働きは高温に弱いため、
デスクワークなどで同じ姿勢で長時間座ったり、
サウナやお風呂に長時間入ったりして、
下半身の温度が上昇すると精子をつくる働きが低下するそうです




食事や環境ホルモン、ストレスでは体の中で酸化させる活性酸素というものが多く作られ
それが精子や精巣機能にダメージを与えてしまう

いきなり悪くなったわけでなく、
そういう悪条件が積み重なる生活でジワジワ悪くなっているのでしょう。


精子は約2カ月かけて精巣の中で作られています

そこから約10~20日かけて最終的な成熟
この10~20日間に運動力や受精へのパワーをたくわえます

この2か月半の男性の体調の影響を精子はうけるわけです

つまり、今日検査で精子の状態が悪い(数、運動率、奇形率)人でも
もう出来てしまった精子は変えようがないけど
これから作られる精子は、精子がつくられていく2カ月半で
良好なものに出来る可能性はあるわけです

Hさんのご主人も9月の検査で精子の数、奇形率と散々な状態だったけど
そこから食事、生活面(タバコをやめる)も気をつけて

食のバランスと精子形成にも必要な栄養素をおぎなう「バイオリンク」




精子を傷つける活性酸素を打ち消すサプリ「ハイルイ―ナ」

これらを飲んでいただき、3カ月
その中で育った精子の質がしっかりよくなっていました

精子の質を決める3大要素   数  運動率  奇形(DNAを傷めてないか)
これらは変えることが十分期待できます

男性の皆さんはちょっと頑張っていただければ、精子の質は変えれるんです

しかし、不妊カップルの中には、男性が自分に限って違うと思い込み
精子の質の悪いままで、奥さんだけが治療を頑張っているというご夫婦も少なくないですね

なかなか、自分のマイナス面を調べる検査なんて気がすすまないものですが
男性の皆さんも、まな板の上にのって検査をうけたり
問題が疑われる方は3カ月という精子のサイクルの中で良くしていけるので
奥さんといっしょに取り組んでいってほしいです

そして何より、精子が元気でいい状態になるということは
自分自身の体調もよくなることになるのですから。



 
読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm








 

2019-01-08 13:12:06

コメント(0)

今日は七草粥

今日は1月7日、七草粥を食べる日伝統行事の日、
年末年始食べ過ぎで疲れた胃腸を休めるにもいい伝統行事ですね。



そもそも七草粥とは・・

元々1月7日は五節句の一つで「人日(じんじつ)の節句」の行事として
七草粥が食べられたようです。

人日とはなに?

文字通り 「人の日」という意味

中国は前漢の時代の占いの書には、

正月1日に鶏、 2日に狗、
3日に羊、4日に猪、
5日に牛、6日に馬、
7日に人、8日に穀を占って

その日が晴天ならば吉、
雨天ならば凶の兆しであるとされていたそうです

そこで、7日の人の日には邪気を祓うために、
七草の入った粥を食べ、
一年の無事を祈ったのだともいわれています。


さらに唐の時代には、
人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を
食べて、無病息災を願うようになったとか。

この風習が日本へ伝来し、
年のはじめに若菜を摘んで頂戴し
自然界から新しい生命力をいただく「若草摘み」という日本古来の風習と
結びついて「七草粥」となり、
平安時代の宮中行事として七草粥を食べるようになりました。

七草粥に入れるのは、いわゆる春の七草。
初春の野から摘んできた野草の生命力を食して、
邪気をはらうという意味もあるようです



そして現代の私たちにとっても、
1月7日に食べる七草粥は、おせち料理で疲れた胃をやさしくいたわる、
理にかなった食べ物だといえるでしょう。

もっとも現代はおせちにとどまらず豪華な料理に
たくさんのお菓子を食べたりもする年末年始ですから
余計、胃腸をここらで休ませてあげる日をつくることは大切なようです




読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm

 

2019-01-07 13:50:40

コメント(0)

妊活もダイエットも笑おう,笑いは健康も招く

こんにちわ、まだ大企業はお休みのところもあるけど

多くの方は昨日から仕事はじめで正月気分は遠のいているのではないでしょうか

年末年始はテレビもお笑い番組が多いですが、
笑いって健康にもすごくいいのです




こんな実話もあります、
あるアメリカのがん患者は余命を言い渡されて
化学療法はやめて
なるべく大笑いして余命を生きようとコメディばかりみて、
楽しんでいたところ、ガン細胞が消えてしまったというは話もあります。
すべてがそんなにうまくは行かないでしょうが、
でもこういうお話は結構あるんですね。

楽しいと思うとナチュラルキラー細胞というガン細胞を退治する免疫細胞も活性して
ガンと体が戦う力も増強されるといいます。
すべての病気にたいして暗くなり悩んでストレスを抱えるようにするより、
笑い、楽しく思えることをしていくことが特効薬のひとつかもしれません。

大笑いすることを「笑いすぎて腹が痛い」と表現することがあります
実際ゲラゲラ大笑いすると腹筋に力が入ります
また笑うときの呼吸法は腹式呼吸になっていて
カロリーも通常よりもよく消費され、ダイエットにも良いのです




10分軽く笑う…約10Kcal消費
10分歩く…約27kcal消費
10分思いっきり笑う…約30?40kcal消費

いかがですか、腹が痛いほど笑うのはダイエットにもいいのです

当然それくらい笑うとストレスで詰まっていた体に気の流れもよくなります

妊活はストレスの呪縛との戦いでもあり
いろんなことがストレスになり、ストレスが悪いとわかっていても
感じてしまうものは感じてします

それのストレスの呪縛を一時的にでも破壊するには大笑いすることなんです

なかなか大笑いできることなどないと言われてしまうかもしれないけど




気持ちを落すよりは笑いを求めていきましょう


読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm


 

2019-01-05 17:27:45

コメント(0)

本日より営業,冬はダイエットのチャンス

おはようございます

本日より今年の営業を開始いたします。

店頭には正月飾りをつけさせてもらってますが
毎年、長女の旦那のおじいちゃんがりっぱなものを作ってくれ
それを飾らせてもらっています




店の自分の机の上にはあるメーカーがくれた相田みつをのカレンダーを毎年かけているのですが

1月のページの言葉がこれです



人の世の幸せは
人と人とが出会うことからはじまる
よき出会いを

よく考えるとそうですね
なにごとも自分ひとりでは出来ない
誰かに出会うことで何かが始まり
よくも悪くもなるから

うちの来ていただく方にとり
来る前よりなにか幸せを増やせる出会いになる存在になるようにと
この言葉を見ながら、今年の営業を始めさせていただきます

年末年始はどうしても暴飲暴食になったり
あまり動かずに食っては寝てみたいな生活になったりして
体重は増え気味になります




ダイエットをしている人には一番成果が出ない生活スタイルになってしまう時期ですし
年末年始前にダイエットを開始しようかという人も少ないでしょうね

しかし、年末年始の生活スタイルから日常に戻ったらダイエットにチャレンジするにもいい時期かもしれません

実は、寒い時こそ外出したり運動すれば他の季節よりエネルギー消費は上がるんです
人間の体は「体の体温」と「気温」の温度差に適応しようと、
エネルギーが多く使うので寒いときほど、エネルギーを作りだそうとするので
代謝も活発にしようとして、貯めている脂肪の燃焼率も上がるのです

でも冬になると、寒いからと運動をさぼってしまいます


冬のほうが、夏よりも基礎代謝がはるかに高いです

ダイエットを志す人もちょうど始めるにもいい時期ですよ



そして妊活では
年末年始のだらだら食べ過ぎになる時期が低温期の卵胞を育てる時期と重なると
食べ過ぎたものの消化にエネルギーが費やされて
卵胞の育ちにはマイナス時期になってしまいます

また帰省、同窓会(他の子どもができた同級生にあう)がストレスになってしまう時期でもある
そういう方たちは、この周期は大波がやってきて
それをやりすごす周期というくらいに考えて過ごしてもらう方がいいかもしれないですね

年末年始の大波をやりすごしたら、気持ちを新たに
体調と気持ちを日常にもどしていく
そんな感じで新しい年の日常をスタートしてもらいたいです


インフルエンザもこれから例年通りだと流行のピークになっていきますね

実は食べ過ぎ、暴飲暴食が過ぎたときは体の免疫も落ちます
正月明けのいま、ちよっと胃腸も休めてあげることが
体の抵抗力をあげることにもなります

正月あけて日常にもどる人の多い今日4日
体の方にも優しい日常のスタートをきってあげてください



読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm









 

2019-01-04 11:04:12

コメント(0)

謹賀新年、お店は4日より

あけましておめでとうございます

例年、元旦の朝は初日の出を見ることにしていて
松山にいるときは、松山城の城山にのぼり、日の出を待ちます


いつもなら自宅から歩いて松山城まで行き、待つのですが・・・
今年は少々寝坊をして
歩いていっていたのでは間に合わないので麓まで自転車でいき、
急いで登城路を登り、日の出を多くの人たちがみる広場についたところで
陽がみえてきました


例年は早くついてなかなか昇らない陽を寒さに震えて待つので
寝坊したことも効率よかったのかも

いずれにしても昇る太陽、それも初日となると神々しい気持ちになります






今年は平成最後の年であり、新しい元号に変わる年

そして消費税が10月からアップする年
いろんなことが目まぐるしく変わる年になりそうだけど

時代は変わっても変に自分は変えないで、
自分らしく、でも何かは進歩させながらの1年であればと・・・

相談のメインにおいている「不妊、妊活」では
新しい時代に産まれる子供たちを多くのご夫婦に授けれるように
グレードアップしていきたい

アトピー、ダイエットは年末年始は悪化やリバウンドの鬼門の時期なので
正月あけは悪くなって来られる方が多いので
その対応がたぶん初仕事ではと思いつつ、
4日よりお店の方は営業開始いたします

本年もよろしくお願いいたします


 

2019-01-02 12:35:06

コメント(0)

新しい年に希望を、ニューイヤーズ・イブ

こんにちわ、ニューイヤーズ・イブの今日
2018年もおしせまり、平成最後の大晦日ももう数時間です

年のはじめには今年はこういうことを実現したい
よい1年にしたい・・・

様々な思いでスタートした1年だったと思いますが
目標を達成出来た人もいれば
必ずしも思うとおりにならなかった人
挫折しそうに打ちのめされた人もいるでしょう


新年を迎えることは多くの人にとり世界共通で特別な時といえます。
ニューヨークではなんと何十万もの人がタイムズスクエアに集まり、
日本でも世界各地で年が変わる時をカウントダウンします。



うまくいかなったことも年が変われば、何か変わるかもしれない
実際には1日、日が変わるだけなのかもしれないけど

人は心のスイッチを切り替えるきっかけとなる時って必要なんですね
現在に事実は変わらなくても
それを受け止める心が変わることで未来も変わります

私も毎年、元旦の朝は、初日の出を松山城の城山に登り見ます、
何か昇ってくる陽をみると希望を感じます
(写真は去年の松山城からみた初日)





(天気がよくて、きれいな初日の出がみれたら、その写真を明日のブログやツイッターでもアップしますね)

「ニューイヤーズ・イブ」という映画があります

大晦日のニューヨークを舞台に8組の人間模様を描く群像劇なのですが、
今年の最後に1本いい映画を観てみようかと思われる方には
まさに今日みてもらうにはお勧めな作品です。

妊活中の方には、8組の中には出産間際の夫婦も出てくるので
複雑な思いにもなるかもしれませんが・・

私たちの今度の大晦日にはこうなるという思いでみてもらればと思います

8組のエピソードの中にはそれはいくらなんでも出来すぎと言いたいのもありますが、
見終えた後、心温かい気持ちにさせてもらえるので大目にみてもらえたらと思います





そして、この映画のラストはロバート・デ・ニーロ演じる老人の語りで幕を閉じますが
その語り全文をで、今年のブログを締めたいと思います


「思い通りにならないことも多い。でも出来ることはある。
許すこと、新たにやり直すこと。
孤独な世界を美しく変えるのは愛だ。
愛はどんな形でも希望を与えてくれる。新しい年に希望を、
それがニューイヤーズイブだ」



皆さんの新しい年に希望のスイッチに切り替えられ、よい年になりますように














 

2018-12-31 16:33:14

コメント(0)

漢方薬局流「ボヘミアンラプソディ」感想

今年大ヒットした「ボヘミアンラプソディ」
見た人の心をとらえたものはそれぞれ違ったかもしれませんが

スーパースターのフレディも人間としては間違いをいっぱいおかしたし
大切なものを失い、孤独にさいなまれていました
最後は当時は不治の病だったエイズまで背負ってしまう

そんな彼が再生して、みせる渾身のライブのクライマックスに
クイーンなんてよく知らないという人たちも心が打たれたに違いない

私もそんな1人ですが・・
不妊はじめ多くの相談をうける薬屋の目線で感じたことを書いてみます




言っておきますが、映画観ている最中からこんな目線では観ていたわけじゃないですよ
観ている最中は「クイーンってこんなんだっただぁ」と感嘆しまくりながら観て
純粋に楽しんでみてましたね
そしてクライマックスのライブシーンは、胸を熱くひきこまれて観てました
ある映画批評で「ロッキー」のクライマックスのボクシング試合のシーンを
ライブに置き換えて観る感覚だと、書かれていたけど
ロッキーをみた人なら納得できるかも・・・

観ている最中はそういう感じで熱く観ているのですが
後になってからいろんなことを感じてくるわけです
そういう意味ではクイーンを描いた音楽映画でなく、ドラマとしてもいい映画なんです




エイズという病気を抱えてしまったフレディ
しかし病気を受け入れて自分らしく生きようと決意して
ライブに挑む彼は病気であっても病人でない

むしろ、それ以前の彼の方が心を病んで
大切な仲間を遠ざけて、心はあれ、病人になってしまっている

人間は病気になることは仕方ないが、病人にしてはいけない
これはある先輩の言葉で、
私の中で薬屋として患者さんに接する心得にもなっている

フレディは病気に侵されてしまったが
体は病んでいても、病人である自分は克服していきます

不妊、アトピー、ガン・・関わってきた相談すべてで感じてきたのは
心の病みが病気を必要以上に重たくしていくこと

心を病まさないためには、
その人が自分の心を満たすものを見つけること
そしてエネルギーが必要です
体のエネルギーが不足していくと、心も病んでいきます

我々の仕事では不足して弱っている身体のエネルギーの回復を漢方などでしてはあげれますが・・
その人が自分でも心も満たされるものを持てると
病気をしていても健康な人より元気かもしれません

フレディも最後は聴いていた人すべてにエネルギーを与えるようなライブをみせます




そんなフレディのライブに出る決意をする台詞も記憶に残ります
もとを正せば自分のわがままで絶縁状態になっていたバンドのメンバーに謝罪して
再結成したクイーン
そしてオファーをうけたライブエイドへの出演
長いブランクからの不安で出演にふみきれないメンバーたちにいう台詞です

「このライブに出ないと、俺たちは次の日から死ぬまで後悔するぞ」


人生はいろんなところで決断するかどうか選択するときがあります

好きな人に告白するとき
新しいことを始めるかどうか決めるとき

妊活もそうですよね
不妊治療のための病院にいくとき
治療のステップアップするとき
決断になります

人生はあとになってから、あの時にやらなかった・・という後悔はすべきでない

ただし、やりたいからだけでの無謀な行動はしてはいけないですけどね
フレディも自分たちが実力を発揮すれば
成功できると自分と仲間を信じていたから言えた言葉です

実行しなかったことで後悔はすべきでないが
準備不足、力不足では実行する時期ではありません
いまが実行すべき時なのか、今でないのか
それを冷静に判断することも大切ですけどね

うちの店に相談にこられた方も
そういう決断の末にきていただいていると思うと
相談しにきてよかったと、決断に応えるカウンセリングをしないといけない

そんなことまで考えさせられたボヘミアンラプソディでした





読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm






 

2018-12-29 12:49:03

コメント(0)

妊活に大切な、もうひとつの満たすものを・・・

クリスマスも終わり、今年もあとわずかになりました
今年は皆さんにとり、いろんな望みがかなった年だったでしょうか

災害も多く、それどころでなかった人もおられたでしょう


ふと考えるに私たちは何を求めているのでしょう

妊活頑張っている皆さんは、妊娠することだと即座に答えるだろうけど
じゃ何故妊娠したいの・・?

その質問への答えはまちまちだろうけど、
心の奥にあるのは女性は母親になりたい、
我が子を育てたいという本能があり
その母性本能を満たしたいから・・ではないかと思うんですね




恋愛、出世、お金、名誉、愛情

人間ってその時々で求めているものは違うけど
それをえることが、心を満たすものであるから
例え、その過程がしんどくても頑張っていくのだと思えます

恋人がいない人は恋人が出来たことで、その時満たされ
結婚したい人は結婚出来たことでその時満たされ
出世は、それが達成された時に満たされる

でももっとも満たされたい目標ばかり見ていると
それは容易に達成されるものでないから
心は満たされず、ストレスばかりがふくらんでしまいます




妊活頑張っている方たちは本当に心も満たしきるには妊娠しかないかもしれないけど
日々の生活の中で小さな満たすものも、もうひとつかふたつは持っておくが大切な気がします

ストレスは皆さんが想像している以上に体に悪影響を与えます
酸化ストレスといい、ストレスは体の中を酸化させるもの(活性酸素)を
たくさん作りだしてしまい
頑張れば、頑張るほどに酸化ストレスに体はダメージをうけて
体を妊娠するのに良い環境でなくしてしまいます

ストレスはなくすることは出来ませんし、あっていいと思いましょう

ストレスはあっても日常で何か満たすものがあればいい
とにかく自分を満たすものを持つことが大事

周囲やパートナーにも優しくできるためには
自分が満たされてないとなかなかできない

シャンパンタワーの法則というのがあって
シャンパンタワーは一番上からシャンパンを注いて
一番上が満たされるから
ひとつ下の段のグラスが満たされていき
さらにそのひとつ下の段も持たされていきます




この一番上のグラスが個々の皆さんです
で、一つ下の段がパートナーだったり、家族
自分が満たされてないと
次の段も満たすことは出来ない

赤ちゃんが授かれば
あふれんばかりにシャンパンが注がれた状態になり
その時は満たされますが

そこからまた新たな悩みは生れ
不妊の末にやっと授かった子供の育児で満たされず
悩み続ける女性もたくさんいます

どんな時も不変の小さな満たすものをみつけて
自分のグラスの中身がからっぽにならないようにしてほしいなと思います





読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm




 

2018-12-26 10:26:26

コメント(0)

妊活、今年結果が出た人も、出なかった人も

今年もあとわずかになってきました

一昨日の火曜、その前の月曜とお客さんから妊娠の報告
それも報告を慎重にしていたのでしょう
母子手帳をもらったという9週目での報告と
心拍が確認されたからという報告と
少しタイミング的には遅めの報告でした




でも2人とも妊娠したけど、心拍確認まで行かず流産、確認されたけど流産
そういう体験をされているので慎重に思われていたのだと思います

多くの方が今年のうちに結果を出したいというふうに
区切りの目標をもってやっておられると思います
それは大事なことで
このお二人のように、それが出来た方もいれば

出来なかった方や
もしかしたら、いま散々な想いでいられる方もいるかもしれない
目標に到達出来た方のことを羨ましく思い、
何で自分はダメなんだろうと思うかもしれません

でも目標に到達しなかった人も
その努力をしたことで何かは収穫はえれています
以前の自分より体調がよくなっている人もいるかもしれない




逆にしんどいばかりでストレスも半端でないし、妊娠できる気がしない
そう、いま、思っている人も
それはそれで、いまのやり方で体が悲鳴をあげているから・・
ということを体が知らせてくれているのかもしれない

それに気がつくことも収穫かもしれない

来年は猪年ですが・・・

猪突猛進といい、どんどん突進していくのもいいけど
突進ばかりしていると両脇に忘れているものああるかもしれない



少し前へ前へのスピードをゆるめて
別の目から自分の体調をみたりするのもいいのかもしれません

クリニックでの治療1本で頑張ってきた人には
セカンドオピニオンで漢方の見方で体をみてみるとかも、いいのでは


来年は時代が平成から、新しい元号に変わります
平成のうちに妊娠したいと心に秘めている方
記念すべき新元号の年の子として誕生させたいと心に秘めている方
いま、妊活されている人の思いは一緒かなと思います

その目標は大切に、でも焦らないで
自分にとり、一番いい体調、タイミングのときというのがあります

年内あと10日ほどになりましたが、
年末年始はいろいろ普段と違う生活スタイルになったりして
体調も安定しにくいときですが、
それだけに無理しないで過ごしてください



読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm





 

2018-12-21 10:38:34

コメント(0)

冷え性、部屋より自分を温めよう

昨日のブログでは冷え性の正体は上半身は温かいのに、
下半身が冷えている状態で、この時期の暖房の影響もあることを書きました
www.shizenyaku.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/354

部屋ばかりが温まりすぎると、体は下半身が冷えて、上半身がのぼせるんですね


暖房で部屋を温めすぎていると、
もうひとつ体によくないのは、その部屋の外との温度の違いです。
今まで温かい部屋にいて、いきなり寒いところに出ると、
その落差に体は凄く戸惑うのです。
寒いところでは体は肌の毛穴を閉じて熱を逃がさないようにして
体を冷やさないようにするのですが、
温かいところから急に寒いところに出られると、
いきなりは体のセンサーも働かず、体の中に無防備に寒気が入り込んでくるわけで、
そんなことを繰り返していると体調も崩して免疫力まで落ちるようになります。



風邪を引くのも寒いからでなく、
こういう温度変化で体調が崩されてひいてしまう方が多いのです。
温かい部屋から外に出るときは、そういうことも考えて1枚上着を羽織って出るように注意しましょうね。

妊活中の方の基礎体温もこういうことの繰り返しで乱れてしますことありますよ




むかし、エアコンもストーブもなかった時代は、冬の寒い時期、
どうして体を温めていたでしょう。
暖房器具といえば、火鉢を囲んだりとか、
堀り炬燵といったところ、
しかも今の家みたいに気密性はないから隙間風が入ってくるだろうし、
とてもでもないが部屋全体が温まるというところまで行きませんよね。
だからとにかく服を着込んで体自体を温めることが最大の防寒対策だったのです




暖房器具である火鉢も手を温めれる程度。
堀り炬燵は、体は外に出して足だけ温める状態・・
でもこれは「頭寒足熱」の理にかなっていますね。
こんな調子だからおそらく体の温度調節のセンサーはしっかり働いていたと思われます。

現代はどこでも暖房が完備されているので、
それをこの時代の暖房の仕方に戻せとはいえませんが
体自体を温めて、温かい部屋から寒い所に出ても
その変化に体が戸惑わないように注意するのがいいですね

冬のこの時期は体のここは冷やさないというポイントにカイロをはって温めておくこと

ポイントはまずはおへそのところ (ツボ名は「神けつ」といいます)
ここは動脈が通っている位置なので、ここにカイロを貼って温めることは
体中をめぐる血液のお腹から下へいく血液が必ず通るところなので
血液があたたまります、温かい血液が循環される方がお腹から下が温まります




そしてそのヘソの真裏になる背中の位置にもカイロを貼っておかれるといい

そしてヘソから下へ5㎝くらいの位置、
ここは子宮の位置です(ツボ名は関元)
ここにもカイロを貼っておきましょう。

足のかかとから上になる三陰交というツボ
ここは生理不順や生理痛のある人がさわると痛いと感じるツボであり
この位置は冷やしていけないところ
ここも長いソックスをはいたりして、その上からカイロを貼っておかれるといいですね




足元にいった血液が温まった状態で上にもどることが大事です

カイロだらけで年寄りみたいだなんて思わないでくださいね
妊活中の方はとくにお腹から下を温めて、急に冷やされる温度変化や
暖房で上半身だけが温まり、下半身が冷えることから守ってほしいのです

さらに積極的に温めて冷え性を改善したいには
温灸療法もおすすめ

めんどくさいという人でも大丈夫
当店でおすすめのショウシ式温灸器はテレビを見ながらでも
片手で楽チンにこれらのツボを温めれて
カイロの熱よりもさらに深く熱が入るので体の芯から温まります




妊活中の方で高温期の体温が安定しない
上がりにくいという方にはとくにおすすめです


これからますます寒い時期になります。
温度変化と暖房による冷えのぼせに注意して
体がいい温まり方をするようにしてください


読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm




 

2018-12-19 11:30:21

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5