漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧»  心と体の健康

心と体の健康

  • 件 (全件)
  • 1

結婚生活、パートナーに対して大切な要素は?

小泉進次郎と滝川クリステルの結婚が今週は大きな話題になりました。


そこで今日は結婚生活をテーマにうちのお客様で職業も婚活プランナーをされている女性が書かれたブログをご本人の了解をえて引用させてもらい書きます

好きな人と恋愛して結婚して、
当たり前に出来ると思った子供が出来ないで妊活、不妊治療で・・・
子供が出来ても、その子育てで
夫婦には試練がやってきます
そんな夫婦にとり、大切なことはなにか、絶対的な答えはないけど
これも夫婦がいい関係でいられる大事な要素かなということを気付かされたブログです
ブログを書いた女性はバツイチで再婚していま、1児の母です
アラフォーでの再婚でお子さんにめぐまれたけど、お子さんが重度のアトピーを発症夫婦は重い試練に直面しました


全文は長くなるので以下抜粋しておきます

「あくまでも私見だけれど
結婚は壮大な実験だと思う。言い方をかえれば「賭け」とでも言おうか。

これは20代の頃からなんとなく思っていて、子どものころからどこか冷めたところのある私は恋愛感情など一時のものだ、一瞬だとなんとなく知っていた。

だけれど、恋愛をするときは誰だって!?ドキドキしたい。
そして願わくば、その恋愛の先に結婚があるとは思っていた。

私は28歳のときに、初めての結婚をする。

彼と付き合った期間は1年くらいで、私ははっきり言うとブランドで結婚をした。
地元では誰でも知っている老舗企業の跡継ぎというブランド。
彼自身の人間性以上にその時の私には眩しくみえた。

もちろん性格というか人間性は、まあ真面目で一見すると優しかったし、
「何となく」イケるんじゃないかと思った。

そして私は「結婚という賭け」に早々に負けた。
最初の結婚は1年と2か月後に破綻するのだけど、うまくいかなかった原因を今ならはっきりとわかる。
マザコンとか決断力がないとか、そんなことは枝葉のことで本質的にはこれだと14年たった今、思う。

人として共感できる部分がとても少なかったから。
いってしまえば、リスペクトする部分がとてもぼんやりしていたこと。

おそらく、結婚に関して「何となく」OKな部分と「何となく」ではダメな部分を間違ったのだと思う。

結婚は日常の繰り返しだ。
恋愛をしているときは基本的に非日常の繰り返し。

どれだけの期間、非日常を繰り返したとしても相手を理解するには限界があると私は思う。

同棲するとか、結婚生活の予行演習をしている恋愛なら状況は全く違う。相手がどんな日常を繰り返すのか、
その毎日の中で困ったこと突発的なことにどう対応するのか、それが逐一見える、見えてしまう。。。。

どんなことに感情が動くのか、いざっというときにどんな対応をするのか。
結婚生活とは、まさにドキドキするとかトキメクとか、そんなあまっちょろいことを言っている場合ではないことのほうが多いのかもしれない。


夫に出会ったとき、正直ドキドキするとかトキメクとかは一切なかった(笑)
かわりに、とても「生活」するイメージが持てた。

なんで私はこの人に生活するイメージが持てたのか分からないけれど、芯の強さというか、ブレない感じとか、それだけはとても伝わってきた。

職業は「人となり」を表すと思う。
彼の仕事はおそらく、気が短くて、コツコツができない私のような性格では絶対につとまらない。

それが私がこの人なら大丈夫だなと思った一番の理由。
大丈夫とは、たぶん彼は私は一生かかっても敵わないことをいくつか持っている、ということ。

いわゆるこれを「リスペクト」というのだろう。
圧倒的に尊敬できる部分さえあれば、人生をともにできると確信している。
恋愛感情はなくなるけれど、圧倒的に尊敬できる部分はきっとなくならない。

結婚生活はドキドキよりも大切なことがいっぱいあるのだ。


私たちの場合は40歳前後まで気ままな自由な暮らしをしていて、結婚し息子がやってきてくれた。
母親父親という役割が増えると、信頼関係が何より大切になると思う。
子どもの病気、自分の体調不良、親のこと、いろいろ。お互いがお互いを尊重しあいながら、協力して暮らしを営むチームなのだから。

ワタシは結婚に恋愛感情はいらないと思う。
ただ人として圧倒的に尊敬できる部分さえあればうまくいくのでは?
という、実験の5年目であります。」

いかがでしたか・・・

不妊治療、子供の持病 
いずれも結婚する前に自分たちがそれに直面するなんて思う人はいないと思いますが、それを乗り越えていくときって、パートナーとの間に大事なことのひとつが「リスペクトしあえること」なのかもしれません

小泉・クリステル夫妻は第1線で活躍してきたふたりで、年齢もそこそこ、単なる恋愛感情だけでなく、「リスペクト」しあえるパートナーであるという面も結婚の動機になっているのではないかなと

もっとも、私自身は、自分の奥さんにリスペクトはされてないと思うので、事あるごとにケンカもしてますが(笑)


 

2019-08-10 17:39:51

コメント(0)

不妊、様々な病気に関わる活性酸素は何でよく増える?


「活性酸素」 いまではこの言葉は多くの人が知る言葉になりました

私たちの体の中でも我々が酸素を吸って生きている限り必ず発生するもので
体の中に入ってくるばい菌をやっつけるのにも使われるので無いのもこまりますが
増えすぎると、自分の体自身にも悪さをしてしまい

がん、リュウマチなど膠原病、アトピー
炎症性の疾患はすべてといっていい
不妊、不育などにも精子、卵子、受精卵を傷つけて妊娠を妨げるのにも・・


様々な病気をおこす原因には必ずといっていいほど、この活性酸素が関わっています




ストレスは体に悪い、
タバコは体に悪い
暴飲暴食は体に悪い
こういう物を食べると体に悪い
・・・とかいろいろ言いますが、
その理由の大きなひとつに活性酸素を増やすということがあるんです

そこで以下の4つのうち、もっとも活性酸素を発生させてしまう行為はどれでしょう?

①200mを全力疾走する 要は激しい無酸素運動




②フードファイトのごとく短時間で大食いする 要は暴飲暴食



③15分間、ひっくりなしにタバコを吸う



④ストレスのかかる作業を短時間詰め込んでする

ちなみにこのデーターを取る際は強いストレスをかけるために制限時間内で100問の計算問題をさせて、
その直後に箸で大豆を1粒ずつ、皿から皿に制限時間内に何個移せるかという競争をさせています。


どれも体に悪そうですね

でも1番活性酸素が多く発生するのは

②の短時間でも大食いです
平常の体内活性酸素のレベルの74%アップだそうです

2位が強いストレス、54%アップ
3位が15分間タバコを吸う 29%アップ
4位が激しい運動 7%アップ

ギャル曽根が食べる様な凄まじい食べ方は一般の人はしないけど
暴飲暴食はけっこうしてますよね
74%まではいかないにしても日々食いすぎ、飲みすぎをしていると
活性酸素をうみだして体に負担かけているということ

タバコを吸う人は29%、大食いやストレスよりマシなんだ・・・
なんて思わないでくださいね

大食いは朝から晩までずっと食べているわけでないですが
タバコは結構1日の中でコンスタントに吸いますから
コンスタントに活性酸素がアップ状態になるわけです

ストレスですが
これは大食いよりマシという数字が出ましたが
ずっとのしかかるストレスになると
1日の大半をそのストレス過剰の状態で過ごしますから
長い時間29%アップの状態になりかねません
だからトータルで考えると強いストレスを抱えているのが一番悪いのかもしれませんが




強いストレスを抱えていて、タバコを吸い、暴飲暴食が多い
こんな生活をしていたら健康的にはかなり悪いということですね

うちのメイン相談にしている妊活、不妊でも生活上、この3つがあると足かせです
ただストレスはいろんなメンタルコントロール術とか解消方法はありますが
なくすることは出来ません

しかし暴飲暴食とタバコは自分の意志でなんとかなります
活性酸素を増やすということは、妊活では妊娠したいという目的に対して
反体制勢力を増やすことになりますから

ストレスはなくせないですから、暴飲暴食とタバコで発生する分は減らしてほしいですね

活性酸素は発生しても体内で処理できる酵素を私たちはもっていますので
一定量は発生しても体は頑張って処理してくれますが、多くなりすぎると対応できなくなります、

うちの不妊相談でも活性酸素を打ちけす抗酸化作用のあるサプリや漢方は
患者さんのレベルに応じて処方は変わりますが、必ずといっていいほどつかっています

ストレスは解消しきれなくても
ストレスが体におこす悪い作用は漢方や自然薬でやわらげて
体をよい環境にしていってあげることはできます



ちなみに激しい運動7%アップでしたが、
マラソンとか長い時間走るようなスポーツをされている方は
体を鍛えることは悪いことでないのですが、活性酸素のリスクはあるので
抗酸化のサプリなども飲んで活性酸素ケアをしながら楽しんでください



読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm






 

2019-01-22 10:37:28

コメント(0)

妊活もダイエットも笑おう,笑いは健康も招く

こんにちわ、まだ大企業はお休みのところもあるけど

多くの方は昨日から仕事はじめで正月気分は遠のいているのではないでしょうか

年末年始はテレビもお笑い番組が多いですが、
笑いって健康にもすごくいいのです




こんな実話もあります、
あるアメリカのがん患者は余命を言い渡されて
化学療法はやめて
なるべく大笑いして余命を生きようとコメディばかりみて、
楽しんでいたところ、ガン細胞が消えてしまったというは話もあります。
すべてがそんなにうまくは行かないでしょうが、
でもこういうお話は結構あるんですね。

楽しいと思うとナチュラルキラー細胞というガン細胞を退治する免疫細胞も活性して
ガンと体が戦う力も増強されるといいます。
すべての病気にたいして暗くなり悩んでストレスを抱えるようにするより、
笑い、楽しく思えることをしていくことが特効薬のひとつかもしれません。

大笑いすることを「笑いすぎて腹が痛い」と表現することがあります
実際ゲラゲラ大笑いすると腹筋に力が入ります
また笑うときの呼吸法は腹式呼吸になっていて
カロリーも通常よりもよく消費され、ダイエットにも良いのです




10分軽く笑う…約10Kcal消費
10分歩く…約27kcal消費
10分思いっきり笑う…約30?40kcal消費

いかがですか、腹が痛いほど笑うのはダイエットにもいいのです

当然それくらい笑うとストレスで詰まっていた体に気の流れもよくなります

妊活はストレスの呪縛との戦いでもあり
いろんなことがストレスになり、ストレスが悪いとわかっていても
感じてしまうものは感じてします

それのストレスの呪縛を一時的にでも破壊するには大笑いすることなんです

なかなか大笑いできることなどないと言われてしまうかもしれないけど




気持ちを落すよりは笑いを求めていきましょう


読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm


 

2019-01-05 17:27:45

コメント(0)

本日より営業,冬はダイエットのチャンス

おはようございます

本日より今年の営業を開始いたします。

店頭には正月飾りをつけさせてもらってますが
毎年、長女の旦那のおじいちゃんがりっぱなものを作ってくれ
それを飾らせてもらっています




店の自分の机の上にはあるメーカーがくれた相田みつをのカレンダーを毎年かけているのですが

1月のページの言葉がこれです



人の世の幸せは
人と人とが出会うことからはじまる
よき出会いを

よく考えるとそうですね
なにごとも自分ひとりでは出来ない
誰かに出会うことで何かが始まり
よくも悪くもなるから

うちの来ていただく方にとり
来る前よりなにか幸せを増やせる出会いになる存在になるようにと
この言葉を見ながら、今年の営業を始めさせていただきます

年末年始はどうしても暴飲暴食になったり
あまり動かずに食っては寝てみたいな生活になったりして
体重は増え気味になります




ダイエットをしている人には一番成果が出ない生活スタイルになってしまう時期ですし
年末年始前にダイエットを開始しようかという人も少ないでしょうね

しかし、年末年始の生活スタイルから日常に戻ったらダイエットにチャレンジするにもいい時期かもしれません

実は、寒い時こそ外出したり運動すれば他の季節よりエネルギー消費は上がるんです
人間の体は「体の体温」と「気温」の温度差に適応しようと、
エネルギーが多く使うので寒いときほど、エネルギーを作りだそうとするので
代謝も活発にしようとして、貯めている脂肪の燃焼率も上がるのです

でも冬になると、寒いからと運動をさぼってしまいます


冬のほうが、夏よりも基礎代謝がはるかに高いです

ダイエットを志す人もちょうど始めるにもいい時期ですよ



そして妊活では
年末年始のだらだら食べ過ぎになる時期が低温期の卵胞を育てる時期と重なると
食べ過ぎたものの消化にエネルギーが費やされて
卵胞の育ちにはマイナス時期になってしまいます

また帰省、同窓会(他の子どもができた同級生にあう)がストレスになってしまう時期でもある
そういう方たちは、この周期は大波がやってきて
それをやりすごす周期というくらいに考えて過ごしてもらう方がいいかもしれないですね

年末年始の大波をやりすごしたら、気持ちを新たに
体調と気持ちを日常にもどしていく
そんな感じで新しい年の日常をスタートしてもらいたいです


インフルエンザもこれから例年通りだと流行のピークになっていきますね

実は食べ過ぎ、暴飲暴食が過ぎたときは体の免疫も落ちます
正月明けのいま、ちよっと胃腸も休めてあげることが
体の抵抗力をあげることにもなります

正月あけて日常にもどる人の多い今日4日
体の方にも優しい日常のスタートをきってあげてください



読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm









 

2019-01-04 11:04:12

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1