漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧»  妊活»  冷え性の正体、頭が熱くて足が寒い

冷え性の正体、頭が熱くて足が寒い

冷え性の正体、頭が熱くて足が寒い

女性の様々な体調不良や不妊に冷え性は遠からず絡んでいる

このことは女性の皆さん、みんな、そうだろうなと思われているでしょう
でもそもそも冷え庶って何なんでしょう?

体中が冷え切っている人なのか・・そうではないですよね

極寒の地に住んでいても冷え性でない人もいますし、
沖縄に住んでいる人でも冷え性の人はいます。
寒いところにいて体が冷えるから冷え性になるのではなく、
体温調節のバランスが悪いので冷え性になるのです。

「頭寒足熱」こういう言葉を皆さんはご存知ですか?
「ずかんそくねつ」と読みます。
頭の方が涼しくて足(下半身)は温かいという意味ですが、
これが人間にとって健康な体の熱のバランスなのです。



よく温泉で足湯というのがあります、足だけを温泉の中につけるのですが、
これが気持ちいい、ずーとつけていると次第に体まで温まる気がしてきます。
これまさに、「頭寒足熱」の状態にしているのです。
(半身入浴などもこの「頭寒足熱」の状態にする健康法なのです)




そして自分では気がついていないでしょうが、
「頭寒足熱」をおそらくほとんどの人が自然の健康法として毎日実践しています。

それは睡眠を取るときなんですね
人間は寝るとき、どんなに寒いときでも頭は布団から出して寝ます。
逆に寒い時に足を布団から出して寝るということはないですよね
・・というか寒い時に布団から足を出しては、とても眠れませんよね。
これまさに「頭寒足熱」の状態にして睡眠をとっているわけです。
体にとってこれが理想の状態なのかわかりますよね。




ところがこれが逆になり、頭の方が熱くのぼせて、
下半身が寒い状態になると人間は体調がおかしくなります。
「冷え性」とはこの「上半身にくらべて下半身が冷えている状態」のことなんです

頭寒足熱でなく、頭熱足寒ですね




ではどうしてこの熱の上下のバランスを悪くしているのか
そのひとつが冬の暖房のしすぎがあるのです。
寒い季節は体を温めたいと誰もが思うし、
確かに体は温めた方が良いのですが、現代人は体でなくて部屋を温めてしまってます。

もちろん、北海道のような極寒の地では仕方ないことですが・・
そうでもない地域でもそれをやりすぎているのが現代

お部屋をエアコンやファンヒーターで温めると、
温かい空気は上へ上へと昇り、足もとより頭の方が温かくなってきます。
暖房の効いた部屋に長くいると顔がほてったり、のぼせて「ぼー」としてきますよね。
上半身ばかりが温められる状態になのです。




これは「頭寒足熱」でなく「頭熱足寒」の状態ですよね。

人間はどうやら首筋あたりの肌が体温調節のセンサーの役目をしていて、
寒いと肌が感じると血行をよくして体の中を温めようとする自律神経のスイッチが入るのですが、
部屋が温かいと、そのあたり肌は暖まっているからセンサーが鈍くなり
、体を温めるというスイッチが入りにくくなってしまうのです。
温かい空気で頭の方はのぼせるほど温まるけど、
体を温めるスイッチが入らないから下半身を温まるように動いてくれず・・・
「頭熱足寒」型の冷え性体質に傾いてしまうというわけです。

その体質になってくると自律神経も不調になり、
免疫も落ち、女性はホルモンのバランスも崩れやすくなります

寒い時期、お部屋を暖めるのは仕方ないことですし、
職場はじめ、そういう状態だと思います
ただ、それに行きすぎないように
自分で足もと、下半身は温めるように意識してください



下半身温めのツボ等の話は長くなったので次回のブログに続きます


読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm


 

2018-12-18 13:38:20

妊活   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント