漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧»  妊活»  男性不妊・精子の質は3か月で改善が期待できる

男性不妊・精子の質は3か月で改善が期待できる

男性不妊・精子の質は3か月で改善が期待できる

昨日、妊活で通ってくれているHさんがこられたのですが

先日人工授精をしたのだけど、
旦那さんの精子の状態が非常によくなっていると医師に言われたそうです

実は去年9月に精子の状態を調べるフーナーテストという検査をしたのだけど
散々な結果で、あらためて精子検査をしたところ、
精子の数が少ないし、奇形率も高いという結果

それまで奥さんが自分に原因があると思い、
漢方相談にこられて、漢方とサプリを飲まれてきたのですが、
(奥さんも問題点はいくつかあり、奥さんも漢方を飲むことは必要だったですが)

ご主人がそこまで悪いとは奥さんも考えなかったようです
病院の治療も人工授精へステップアップされるのですが、
精子の状態も出来るだけよくしたいと
ご主人も自然薬を飲んでもらうようになりました




実は近年、男性不妊についての研究が進んでおり
最新のデータでは不妊の原因は女性因子が45%、男性因子が55%と
男女の不妊原因の構成比が逆転しているという事も言われています。
不妊で悩むカップルはこれまで女性がほとんど治療のメインにいましたが
男性も同等に取り組む必要があるといっていいようです


日本人男性の精子の数は昔と比べかなり減っているというデーターも出ているようです
その原因としては、生活環境やさまざまな生活習慣によって
精巣の働きが低下しているのではないかと考えられています。

具体的にはストレス、環境ホルモン(タバコ)、肥満、食事の質の低下、精巣温度の上昇など

精子をつくる働きは高温に弱いため、
デスクワークなどで同じ姿勢で長時間座ったり、
サウナやお風呂に長時間入ったりして、
下半身の温度が上昇すると精子をつくる働きが低下するそうです




食事や環境ホルモン、ストレスでは体の中で酸化させる活性酸素というものが多く作られ
それが精子や精巣機能にダメージを与えてしまう

いきなり悪くなったわけでなく、
そういう悪条件が積み重なる生活でジワジワ悪くなっているのでしょう。


精子は約2カ月かけて精巣の中で作られています

そこから約10~20日かけて最終的な成熟
この10~20日間に運動力や受精へのパワーをたくわえます

この2か月半の男性の体調の影響を精子はうけるわけです

つまり、今日検査で精子の状態が悪い(数、運動率、奇形率)人でも
もう出来てしまった精子は変えようがないけど
これから作られる精子は、精子がつくられていく2カ月半で
良好なものに出来る可能性はあるわけです

Hさんのご主人も9月の検査で精子の数、奇形率と散々な状態だったけど
そこから食事、生活面(タバコをやめる)も気をつけて

食のバランスと精子形成にも必要な栄養素をおぎなう「バイオリンク」




精子を傷つける活性酸素を打ち消すサプリ「ハイルイ―ナ」

これらを飲んでいただき、3カ月
その中で育った精子の質がしっかりよくなっていました

精子の質を決める3大要素   数  運動率  奇形(DNAを傷めてないか)
これらは変えることが十分期待できます

男性の皆さんはちょっと頑張っていただければ、精子の質は変えれるんです

しかし、不妊カップルの中には、男性が自分に限って違うと思い込み
精子の質の悪いままで、奥さんだけが治療を頑張っているというご夫婦も少なくないですね

なかなか、自分のマイナス面を調べる検査なんて気がすすまないものですが
男性の皆さんも、まな板の上にのって検査をうけたり
問題が疑われる方は3カ月という精子のサイクルの中で良くしていけるので
奥さんといっしょに取り組んでいってほしいです

そして何より、精子が元気でいい状態になるということは
自分自身の体調もよくなることになるのですから。



 
読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm








 

2019-01-08 13:12:06

妊活   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント