漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧»  健康のための食事»  知ってました? 糖分にも心に良い糖分、良くない糖分があるって

知ってました? 糖分にも心に良い糖分、良くない糖分があるって

知ってました? 糖分にも心に良い糖分、良くない糖分があるって

こんにちわ


これを読んでいる皆さんも甘いものが好きな人はおおいと思います


その甘さのもとになるのは
「糖分」



その糖にもいろいろ種類があります


単糖類、2糖類といい、糖が単独のもの、2つだけ合わさったもの


コーヒーや料理にいれる精製したお砂糖や


お菓子やジュースに含まれている糖質がこちら







多糖類といいその単糖類が何個もかさなったもの


果物や野菜の繊維、お米など穀物の糖分です





単糖類は体内に即吸収され血糖値を一気にあげます


しかしその反動で血糖値が下がる時も急降下でさがる


急降下でさがると、人はイライラするんです




それにたいして多糖類の方はゆっくり取り込まれるため血糖値の上昇スピードが緩やか


それが下がる時も緩やかになるから、精神的にもイライラしない


だから単糖類ばかり摂ると血糖値の上げ下げも激しくなり



きれやすくなったり、精神不安定になりやすくなります。



ご飯や野菜などの料理で食べている糖は2時間くらいして下がります


お昼ご飯を食べて



血糖値が下がった頃に糖が欲しくなるので3時頃がおやつの時間だったりするんです


しかしお菓子やジュースをひんぱんに食べていると


血糖値が上ったり下がったり激しくなり、糖をとらないと落ち着かないないので


その2時間間隔でなく糖質を欲するようになります


甘いものをダラダラ食べるクセにもなってしまうのもこんな原因もあるですね


単糖類中毒から抜けるためには


おやつにお菓子でなく、おにぎりとか、菓子パンでないパンとか






多糖類系のものを食べる





炭水化物自体抑えないといけないダイエット中の方にはむきませんが・・・






 

2019-07-15 11:55:18

健康のための食事   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント