漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  愛媛で不妊相談を承る【漢方自然薬 わかまつ】のコラム»  肥満による不妊のリスクとは?パートナーと共にダイエットを!

肥満による不妊のリスクとは?パートナーと共にダイエットを!

妊娠を考えた時に注意したいのが、肥満による不妊のリスクです。肥満とは体格指数(BMI)が25以上の状態を指し、肥満になると母体は健康を阻害されてしまいます。スムーズな妊娠の可能性を上げるために、こちらでは肥満による不妊リスクについてご説明いたします。

月経異常のリスク

月経異常のリスク

肥満はインスリン抵抗性を高めます。インスリン抵抗性とは、細胞が糖をエネルギーにする際に、必要なインスリンの効き目を低下させてしまうことです。そして、インスリン抵抗性が高まると排卵が起きにくくなり、月経異常を引き起こしてしまいます。

当然のことながら、排卵が行われなければ妊娠はできません。また、不妊の原因にもなる排卵障害の一つに、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)があります。PCOSもインスリン抵抗性との関連が指摘されており、肥満との合併が多いことが知られています。

肥満だからといって、必ずしもPCOSを発症するわけではありません。それでも、リスクについての知識を持つことは大切です。

胚の質にも影響する

肥満は胚の質も低下させてしまう可能性があります。自然妊娠の場合は胚の状態を確認できませんが、体外受精では肥満ではない正常なBMIの方ほど、胚盤胞形成率が高くなるそうです。

胚盤胞とは受精卵が着床できる状態に変化した姿のことで、胚盤胞にまで育つ確率が高いほど、卵子の質は良いと言えます。肥満気味になると受精卵が胚盤胞まで育ちにくくなるため、妊娠が難しくなります。

男性の肥満も不妊に影響する!

男性の肥満も不妊に影響する!

ここまで母体となる女性の肥満に触れてきましたが、男性の肥満も不妊に大きな影響を与えます。男性の肥満は、精子の数や運動数の低下につながります。

そのため、女性の体内に入ったとしても、卵子に行きつくまでの精子の数が少なく、なかなか着床することができません。また、肥満は男性ホルモンの分泌を妨げ、精子の質を下げてしまいます。

妊娠を視野に入れる場合は、女性だけでなく男性もダイエットで肥満を解消することが大切なのです。妊娠しやすい体づくりの第一歩として、パートナーとダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

松山市で子宝相談とダイエット相談をご希望でしたら、漢方自然薬 わかまつまでお問い合わせください。松山市にある店舗にご来店いただきましたら、ダイエット方法のアドバイスと、リバウンド防止のフォローをさせていただきます。松山市より遠方にお住まいの方には、遠隔ダイエット相談にて対応することが可能です。

松山市でダイエットの相談なら漢方自然薬 わかまつ

店名 漢方自然薬 わかまつ
住所 〒790-0053 愛媛県松山市竹原4丁目3-13
電話番号 089-907-8200
FAX番号 089-907-8200
営業時間 午前9時~午後8時
定休日 日曜日、木曜日
E-MAIL info@shizenyaku.jp
URL https://www.shizenyaku.jp