漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧»  健康のための食事»  今日は七草粥

今日は七草粥

今日は七草粥

今日は1月7日、七草粥を食べる日伝統行事の日、
年末年始食べ過ぎで疲れた胃腸を休めるにもいい伝統行事ですね。



そもそも七草粥とは・・

元々1月7日は五節句の一つで「人日(じんじつ)の節句」の行事として
七草粥が食べられたようです。

人日とはなに?

文字通り 「人の日」という意味

中国は前漢の時代の占いの書には、

正月1日に鶏、 2日に狗、
3日に羊、4日に猪、
5日に牛、6日に馬、
7日に人、8日に穀を占って

その日が晴天ならば吉、
雨天ならば凶の兆しであるとされていたそうです

そこで、7日の人の日には邪気を祓うために、
七草の入った粥を食べ、
一年の無事を祈ったのだともいわれています。


さらに唐の時代には、
人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を
食べて、無病息災を願うようになったとか。

この風習が日本へ伝来し、
年のはじめに若菜を摘んで頂戴し
自然界から新しい生命力をいただく「若草摘み」という日本古来の風習と
結びついて「七草粥」となり、
平安時代の宮中行事として七草粥を食べるようになりました。

七草粥に入れるのは、いわゆる春の七草。
初春の野から摘んできた野草の生命力を食して、
邪気をはらうという意味もあるようです



そして現代の私たちにとっても、
1月7日に食べる七草粥は、おせち料理で疲れた胃をやさしくいたわる、
理にかなった食べ物だといえるでしょう。

もっとも現代はおせちにとどまらず豪華な料理に
たくさんのお菓子を食べたりもする年末年始ですから
余計、胃腸をここらで休ませてあげる日をつくることは大切なようです




読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを考えたいという方
ダイエットの相談、その他様々な漢方での治療の相談など
こちらからお気軽にお尋ねください
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1



遠隔地の方にも遠隔妊活相談
詳しくはこちらから

https://www.shizenyaku.jp/original22.htm

 

2019-01-07 13:50:40

健康のための食事   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント