漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧»  妊活»  知っておきたい「子宮外妊娠」のこと

知っておきたい「子宮外妊娠」のこと

知っておきたい「子宮外妊娠」のこと


お笑い芸人『流れ星」の奥さんでタレント小林礼奈さんがブログで、
子宮外妊娠で緊急手術したことを公表。




こんなナーバスなことをよく公表できるなとバッシングもされているそうですが、

これは100人に1人くらいの確率でおこるともいわれ
その存在ともしかしたら我が身にもおこるものとして
女性には知っておいてもらいたい事なのです


こうして話題にしてもらい子宮外妊娠が誰にもおこる可能性をひめたものだということを
広く知ってもらうという意味では公表されたことは意義あると・・私は思います



妊娠は受精卵が子宮内に作られた子宮内膜に着床するのが本来あるべき形なのですが、
別の場所に出来た内膜もどきのものに着床してしまうのを子宮外妊娠といいます。




最も多いのが卵管でおこるもので、子宮外妊娠の約98%を占めています。

子宮外妊娠は着床しても受精卵は育ちません。

自然に流産することもありますが、放置しておくと卵管破裂をおこし、
卵管がダメになるので早期発見、早期治療が必要です。

礼奈さんが緊急手術をしたのもそのそれくらい急を要するものだったから


実はこの子宮外妊娠、婦人科では決して珍しい疾患ではないとか

先に書いているように100人に1人くらいの確率ではおきるらしいのです
実際私の患者さんにも経験者が何人かいます

普段から生理痛があり経血にかたまりが出る、
子宮内膜症がある方、
卵管が狭くなっている方は要注意です。

私は妊活相談にこられた方で生理痛や経血にかたまりのある方には、まっさきにその改善から入ります

その理由には妊娠しやすくするためもあるけど、
子宮外妊娠のリスクを減らすためでもあります

生理痛が普段から酷く、経血に固まりが出る方は、排出すべき経血が卵管・卵巣に逆流をおこしやすくなります。

それが卵管に付着をして癒着をおこし、内膜もどきを作り、間違えて受精卵が着床する。

そうならないためにもこの血液に流れの改善が予防としても大事なんです


そしてもしもなってしまったときも兆候を早く察知できると


子宮外妊娠が起こった時の兆候(経験された方の体験から)

いったんは普通に生理が来ます。

本来、生理が来たら体温は下がり、低温期の下がった体温になりますが、
低温期に入っても、体温は高温期の高い体温状態が続きます。

生理になり、体温が下がるが、低温期に入り逆に上昇し高温になること
もあります。下腹部に痛みが起こりだし、段々強くなっていきます。

(この痛みも始めはただの腹痛と思ってしまうかも)



最大の決め手になるのは生理がきているのに妊娠検査薬で調べると陽性になることです。

生理が来て、体温が下がらないまま低温期にはいる、

または低温期になり、体温が高温期なみに上昇して高温が続き、
下腹部に痛みを感じたら
妊娠検査薬で調べ、陽性が出たら即、産婦人科を受診してください。


もしくは体温が低温期も高く下腹部痛で続く時点でとりあえず受診です。

 

読んでいただきありがとうございます

漢方自然薬わかまつでは、不妊、ダイエットはじめ漢方相談
ご来店は予約制でおこなっております。
来店のご予約は下記の相談フォーム
https://www.shizenyaku.jp/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1

もしくは即、お電話を・・・089-907-8200
 


 








 

2019-08-16 10:59:08

妊活   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント