漢方自然薬わかまつ

愛媛で不妊相談をお考えなら | 漢方自然薬 わかまつ

子宝相談

腸活脂肪燃焼ダイエット

乳幼児の湿疹、こどものアトピー

皮膚のお悩み

店舗案内

HOME»  ブログ記事一覧»  私ごと»  鎌倉の旅、ザザンとスラムダンク、そして江ノ電もなか

鎌倉の旅、ザザンとスラムダンク、そして江ノ電もなか

鎌倉の旅、ザザンとスラムダンク、そして江ノ電もなか


23日の深夜バスに乗り、横浜、鎌倉へ・・・
3人の現地のお客様と会うのですが、

その中の1人のお客様から鎌倉の七里が浜でおこなわれる辛島美登里のコンサートに招待を受けていました

コンサートは夕方からなので、それまでは江ノ電の沿線を散策

江ノ電は鎌倉から藤沢までの区間の主に海岸線の15駅を走る私鉄
ドラマのロケ地、様々な寺院、サーフィーの集まる海岸などなどがあり
電車で走るのもいいけど、自分は路線沿いを歩いてみたかったところ

始発の鎌倉駅から5駅目の極楽寺から江の島までの6駅分を歩いてみました

スタートの極楽寺駅前




ここは数々のドラマのロケ地になっている
昔ながら郵便ポストがいい雰囲気

歩いて5分ほどの成就院はアジサイの有名なお寺




季節がもうはずれているけど、6月ならこの石段沿いはアジサイで埋め尽くされて
そのむこうに由比が浜のビーチがみえる絶景ポイントに

極楽寺の駅のそばの橋からトンネルを出てくる江ノ電がみれる




極楽寺の次の駅は稲村が崎
サザンの桑田が映画を撮った「稲村ジェーン」の舞台になっているサーファーのメッカ
その駅のそばの踏切近くで行列が・・・




ヨリドコロという古民家カフェで、店の窓やテラスのすぐそばを江ノ電が走る



行列にならぶのは嫌いではないけど、時間がないのでここはスルー

稲村が崎からは海岸沿いの道を歩く


江の島もみえる、うっすら富士山も見える

ここらは海岸におりて歩く

この海岸はサザンの数々の曲のベースになっている場所
サーファーと江の島、絵になる



そしてこの踏切、台湾、中国人に大人気のスラムダンクの踏切



鎌倉高校前駅の踏切
漫画「スラムダンク」で描かれた場所でファンには聖地みたいなところ




実は私もリアルタイムで連載中読んでいたのだけど
実はこの踏切のことは印象に残ってなかったなあ~

スラムダンクはといえば・・「安西先生、バスケがしたいです」
(これは判る人にはわかる超有名な台詞)


その鎌倉高校駅の次の駅・腰越にはお寺の石段降りてすぐに踏切



家と家の間を江ノ電が走る

このお寺、源義経が兄の頼朝に許しをこう手紙「腰越状」を書いたといわれるお寺
結局許してもらえないのですが・・






そして歩きの終点、江の島へ

この頃には日差しもかなり暑くなって1時間半歩きつめでばててきました





江ノ電「江の島駅」の近くには昔ながらのお菓子やさんで扇屋さんというのあり
創業はなんと、天保(江戸時代)超老舗の和菓子屋さん


ここの名物江ノ電もなかを孫たちへのお土産のお菓子に・・

店がこのとおり、なにか店の中に電車が・・・









昔の江ノ電の車体
これ昔の実際の江ノ電の車体を扇屋さんが譲り受けたものだとか


レトロ感あふれている
そして包装紙も江ノ電の路線図になっている





なにからなにまで、素朴でいい感じ、この包装紙も捨てれないですね

こうやって歩く旅もいいですね

江ノ電路線歩き旅はここまで、

お客さんたちとの待ち合わせがあるので、江ノ電にのり、鎌倉へと引き返したのでありました





 

2019-08-26 21:02:12

私ごと   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント